2024/04/16クラブ試打 三者三様

パラダイム Ai スモーク MAX フェアウェイウッドを西川みさとが試打「やわらかいのに弾く不思議な打感」

1W同様に曲がらないFW HS40m/s未満の女子プロ評価は!? パラダイム Ai スモーク MAX フェアウェイウッドをHS40未満の女子プロが試打したら…【西川みさと】 25万人分のスイングデータを活用して生まれたAiスマートフェースを搭載するキャロウェイ…
2024/04/15優勝セッティング

飛距離しか見ていない “飛ばし屋”竹田麗央の初Vギア

◇国内女子◇KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日(14日)◇熊本空港CC(熊本県)◇6518yd(パー72)◇晴れ(観衆3408人) 竹田麗央が地元・熊本でツアー初優勝を挙げた。3打差3位から出て「70」で回り、通算7アンダーで逆転した。 昨季の平均飛距…
2024/04/12中古ギア情報

中古で始める「ボーケイウェッジ」 お買い得はSMいくつ? ギアマニアが指南

PGAツアーをはじめ世界中のプロゴルファーが愛用するタイトリストのボーケイウェッジ。新品単品ウェッジの売り上げは全体の過半数を占めるほどの人気ぶりだ。一般アマチュアのあいだでは「ボーケイを使ってみたいけれど、どうにも種類が多くてどれを選ぶべきかわからない」と言…
2024/04/11クラブ試打 三者三様

Qi10 フェアウェイウッドを筒康博が試打「高慣性モーメントFWの代表格」

“10K”を受け継ぐFWのスタンダードモデル ご意見番クラブフィッター評価は!? Qi10 フェアウェイウッドをご意見番クラブフィッターが試打したら…【筒康博】 テーラーメイドが提唱するやさしさの新世界基準“10K”。上下左右の慣性モーメント合計値1万g・cm…
2024/04/09駐在レップ米ツアー東奔西走

オーガスタ、ベイヒル、リビエラ…「対コース」の道具選び/駐在レップの米ツアー東奔西走Vol.6

プロゴルフツアーの現場で働くメーカーの用具担当者(通称:ツアーレップ)をご存じだろうか? 住友ゴム工業(ダンロップ)の宮野敏一(みやの・としかず)氏は松山英樹や畑岡奈紗、ブルックス・ケプカら契約選手をサポートするべく、2020年より駐在先の米国で試合会場に足を…
2024/04/09ツアーギアトレンド

「Qi10」でオーガスタと勝負 久常涼のウッドは“1→4→6”だ

◇米国男子メジャー初戦◇マスターズ 事前情報◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7555 yd(パー72) 21歳の久常涼は初出場の「マスターズ」を前にウッド類を最新モデルに新調した。テーラーメイドが2月に発売した「Qi10」シリーズ。本格参戦1年目の…
2024/04/09topics

ウェッジのシャフト「重柔」が正解ってホント!?/女子プロクラブ考VOL.10

女子プロたちがどんなクラブを使って、さらにどんなスペックなのかは同じヘッドスピード帯の我々(男子アマチュア)のクラブ選びに大いに参考になる。定期的に行うクラブ調査で採取した膨大なデータを元に、女子プロのクラブの傾向をギアマニアが分析・検証していく。10回目はウ…
2024/04/09PGAツアーオリジナル

キャロウェイで統一 バティアの優勝ギア

◇米国男子◇バレロテキサスオープン 最終日(7日)◇TPCサンアントニオ オークスコース(テキサス州)◇7438yd(パー72) アクシェイ・バティアが初日から首位を守り切る完全優勝を達成した。最終日は通算20アンダーで並んだデニー・マッカーシーとのプレーオフ…
2024/04/09PGAツアーオリジナル

1Wと3Wの中間? テーラーメイドの新たなミニドライバー

昨年、PGAツアーではいわゆる“ミニドライバー”の使用率が大幅に上昇した。このクラブはドライバーとフェアウェイウッドの中間を占め、大抵の場合、選手たちが飛距離よりも精度を高めたいときのオプションとして使用されている。 テニスに例えるなら、ミニドライバーはティシ…
2024/04/08優勝セッティング

大会直前に1Wのシャフトを“回帰” 阿部未悠は試行錯誤の14本で初優勝

◇国内女子◇富士フイルム・スタジオアリス女子オープン 最終日(7日)◇石坂ゴルフ倶楽部(埼玉県)◇6535yd(パー72)◇晴れ(観衆4933人) 首位タイから出た阿部未悠が通算15アンダーでツアー初優勝を飾った。プロテスト合格同期(2021年6月)の佐久間朱…
2024/04/08グラファイトデザイン特集

ウッズにトーマス トッププレーヤーたちがほれ込んだ“赤黒シャフト”

グラファイトデザインの最新シャフト『TOUR(ツアー)AD VF』がPGAツアー、国内男子ツアーで静かに流行りつつある。タイガー・ウッズやジャスティン・トーマスらが使い始めた影響もあってか、同社のプロ担当、通称ツアーレップの高橋雅也(敬称略、以下同)が2月にP…
2024/04/08新製品レポート

「S」なら俺も!打感を求める気持ちに腕前は関係ない ピン「ブループリントT/S」アイアン

ピンのブループリントアイアンが5年ぶりにリニューアル。「ブループリント T アイアン」、「ブループリント S アイアン」と2つのモデルに生まれ変わった。主にツアープロ向けでもあり、「難しいクラブは作らない」とのポリシーを持つピンとしては少々異色モデルだが、アマ…
2024/04/05中古ギア情報

G30、G410、G425…ピンのUTはなぜ人気? 中古の狙い目はコレだ

契約プロはもちろん、一般アマチュアにもピンのユーティリティ(UT)が根強く人気だ。同社製UTには名器と呼ばれるものが多い。中でもギアマニアがおススメするナンバーワンモデルはどれだろう。コストパフォーマンスにも優れた製品の魅力に迫る。 はじまりは15年前の「G1…
2024/04/04ツアーギアトレンド

脇元華 “濃紺トラス”投入でパット数激減 「ちょっとクランクがいい」

◇国内女子◇富士フイルム・スタジオアリス女子オープン 事前(3日)◇石坂ゴルフ倶楽部(埼玉県)◇6535yd(パー72) テーラーメイドの新しいパター「TPトラス ミッドナイトブルー」のツアーシーディングが、先週の「ヤマハレディース」から始まった。メーカー未発…
2024/04/03ギアを愉しむ。

オトナが薫る。ボールマーカー2個持ちのすすめ/ギアを愉しむ。

たかがマーカー、されどマーカー 一周回って考えるギア選びの優先順位。今回はボールでもクラブでもない大切なラウンド用具、ボールマーカーについて取り上げたい。開発にあたり様々な規則や上限ルールでがんじがらめ状態になっている他のギアとは違い、マーカーに対するルール上…