2009/06/04UBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズ

本命が出遅れる中、G.マイヤーが単独首位

切っている。 5アンダーの2位タイに続いたのは、昨年のQTで4位に入った古庄紀彦と秋葉真一の2人。筑波CC所属の古庄は、「地元なのでコースは知っているし、いつもの感覚でやろう」と、ノーボギーで自身の
2016/09/02アルファクラブCUP シニアオープン

米山剛が首位 前年覇者の崎山武志は3打差3位

の2位に呂文徳(台湾)、真板潔、鈴木亨、倉本昌弘の4人。4アンダー6位に、前年覇者の崎山武志ほか、秋葉真一、室田淳、飯合肇、友利勝良、白浜育男、田村尚之の7人が並ぶ混戦。
2020/08/21プロゴルファー誕生100周年記念 ISPS HANDA コロナに喝!シニアトーナメント

鈴木亨が首位発進 谷口徹はスタート前に欠場/シニア2戦目

(ともにパー72) 日中の気温が35.7度を記録した炎天下の初日、シニアツアー3勝の鈴木亨が8バーディ、ノーボギーの8アンダー「64」で単独首位発進。7アンダーの2位に渡辺司、秋葉真一、寺西明の3人が
2009/06/25~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック

星野、横尾らが首位発進!石川も7位タイの好スタート

、コースから受けるプレッシャーも少なく、伸び伸びとゴルフが出来ているようだ。さらに、久保谷健一、秋葉真一、金亨成を含めた5人が通算5アンダーで首位タイに並んでいる。 通算4アンダー、首位と1打差の6位には
2017/08/08ギアニュース

新「ツアーB」ボールは10月6日発売に

た宮本勝昌が7月の「福島オープン」で勝利をおさめた。先週行われた国内シニア「マルハンカップ 太平洋クラブシニア」では、1位の秋葉真一に加え、プレーオフで争った2位の羽川豊もこのシリーズを使っており
2016/09/01アルファクラブCUP シニアオープン

日程、賞金増でパワーアップ 崎山武志が連覇狙う

淳に、約1千万円差をつけて首位に立つ。 ほか、今季2勝を挙げている真板潔(賞金ランク4位)、4月の「ノジマチャンピオンシップ」でシニアツアー2勝目を挙げた秋葉真一(同ランク5位)が、ビッグトーナメントが続くシーズン後半戦を前に、少しでもその差を詰めておきたい。
2018/05/31すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

伊澤利光はシニア初戦で4アンダー発進 首位に原田三夫

」。4アンダーとして西川哲、米山剛らと同じ13位タイで3日間大会を滑り出した。 伊澤はこの日、前年覇者のプラヤド・マークセン(タイ)、秋葉真一といった飛ばし屋と同組でプレー。「シニアの感じではなかった」と
2017/07/09~シニアを元気に~ KYORAKU MORE SURPRISE CUP 2017

室田淳が18勝目 シニアツアー最多記録を更新

19年ぶりに更新した。 「記録だからうれしい。大きなケガがなくやれている証拠。シニアは技術より体が大事。パターの調子が良くなったから、もういくつか勝てそう」とコメントした。 通算13アンダー2位に秋葉
2017/08/17ファンケルクラシック

室田淳が3連覇に挑む 倉本会長もエントリー

ぶりに更新。今年は3連覇を懸け裾野CCに乗り込む。 賞金ランクではプラヤド・マークセン(タイ)が2位の秋葉真一に約1400万円差をつけて独走中。同ランク3位の室田、4位の真板潔はマークセンの独走を止められるか。日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘も参戦する。
2018/08/05マルハンカップ 太平洋クラブシニア

マークセン逆転V 今季4勝目で勝率8割

2016年から3年連続の賞金タイトルに向けて、今季も他を寄せ付けない強さを見せている。 通算8アンダーの2位に崎山武志、米山剛、首位スタートから逃げ切りに失敗した久保勝美の3人。通算6アンダーの5位に、前年覇者の秋葉真一、加瀬秀樹、田村尚之、フランキー・ミノザ(フィリピン)の4人が続いた。
2018/08/02マルハンカップ 太平洋クラブシニア

関西で今季シニア初戦 中嶋常幸、川岸良兼ら出場

圏での初戦となる。昨年は秋葉真一が羽川豊とのプレーオフを制し、シニアツアー通算3勝目を飾った。 前年覇者の秋葉、雪辱戦となる羽川のほか、今季3勝で賞金ランキングトップを独走するプラヤド・マークセン
2019/04/18ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント

エージシュートの63歳・伊藤正己が首位発進 「62」で最少記録更新

・ジョンドク(韓国)の3人がつけた。4アンダー5位に崎山武志、秋葉真一、田村尚之、寺西明、鈴木亨の5人が並んだ。 シニアデビューを果たした深堀圭一郎は1イーグル1バーディ、2ボギーの「71」でプレー。1アンダー27位で終えた。
2019/09/28YUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン

寺西明が今季初優勝 2位に岡茂洋雄ら

アンダーの2位に清家和夫、奥田靖己、シニア参戦1年目の岡茂洋雄の3人。通算12アンダーの5位にタワン・ウィラチャン(タイ)と秋葉真一が続いた。 単独首位から出たソク・ジョンユル(韓国)は「71」にとどまり、倉本昌弘らと並んで通算11アンダーの7位で終えた。
2019/09/11コマツオープン

丸山茂樹がシニアツアーデビュー 公式戦には3年ぶり

パク・ブーウォン(韓国)、尾崎直道と同組で回る。 今季2勝で賞金ランクトップを走るプラヤド・マークセン(タイ)は2016年大会で通算17アンダーの大会最多アンダーパー記録を持つ。ランク2位の倉本昌弘、3位の秋葉真一をはじめトップ選手が北陸に向かう。
2019/09/27YUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン

ソク・ジョンユル「62」で単独首位 倉本昌弘11位

・ジョンユルが無傷の10バーディ、ボギーなしの「62」をマーク。10アンダーで単独首位発進を決めた。 2打差の2位に奥田靖己、岡茂洋雄、キム・ジョンドク(韓国)の3人がつけた。 7アンダー5位に秋葉真一
2016/06/12スターツシニアゴルフトーナメント

崎山武志が逆転で2連勝 バックナインで怒涛のバーディラッシュ

。13番からの4連続を含む6バーディを量産した。 1打差の通算12アンダー2位には田村尚之、汪徳昌(台湾)の2選手。4位は秋葉真一、金鍾徳(韓国)が続いた。 首位から出たプラヤド・マークセン(タイ)は通算10アンダー6位。倉本昌弘は7位となった。
2018/07/28熊本・阿蘇シニアオープンゴルフトーナメント

室田淳、平石武則ら首位 1打差に4人の混戦

の首位タイで発進した。1打差の6アンダー4位に秋葉真一、溝口英二ら4人がつけた。 プロ野球巨人の前監督・原辰徳さんはアマチュア枠として推薦出場し「71」。1アンダーの40位タイとした。 国内女子ツアー
2019/09/07マルハンカップ 太平洋クラブシニア

芹澤信雄がホールインワンで首位発進

連覇を目指すプラヤド・マークセン(タイ)は6バーディ、2ボギーの「68」で回り、4アンダー2位とした。 3アンダー3位に秋葉真一、白潟英純、羽川豊ら7人が並んだ。2週連続優勝を目指す柳沢伸祐は2オーバー53位と出遅れた。
2019/05/31すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

デビッド・イシイが首位浮上 倉本昌弘は1打差2位で最終日へ

「64」としたプラヤド・マークセン(タイ)、秋葉真一、キム・ジョンドク(韓国)、「66」でエージシュートを達成した68歳の高橋勝成の4人が並んだ。 首位スタートの川岸良兼は「75」と落とし、通算3
2018/08/04マルハンカップ 太平洋クラブシニア

久保勝美が9アンダー「63」で単独首位発進

て首位と2打差につけた。 5アンダーの3位に崎山武志。4アンダーの4位に清水洋一、田村尚之、真板潔の3人が続く。倉本昌弘は1アンダーの19位。前年覇者の秋葉真一はイーブンパーの26位で初日を終えた。