2015/06/04日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills

山下和宏が1差発進 首位にリャン・ウェンチョン

迫っている山下和宏のほか、永野竜太郎、カート・バーンズ(オーストラリア)、ファン・インチュン、ソン・ヨンハン、I.J.ジャン(いずれも韓国)の6人が1打差の3アンダー、2位で追う。 さらに1打差で9人が
2018/05/10国内男子

昨年覇者の宮里優作と石川遼らが4打差4位 首位にB.ジョーンズ

し、8アンダーで単独首位発進。2打差の2位にカン・キョンナム(韓国)、5アンダーの3位に中島徹がつけた。 大会連覇を狙う宮里優作は5バーディ、1ボギーの「68」。石川遼も6バーディ、2ボギーの「68」でプレーし、4アンダーで谷口徹、永野竜太郎、稲森佑貴とともに4位に並んだ。
2019/06/12国内男子

梅山知宏ら3人が首位発進/AbemaTVツアー初日

(ニュージーランド)、スコット・ビンセント(ジンバブエ)の3人が首位タイで初日をスタートした。 4アンダーの4位に藤島豊和、海老根文博、小木曽喬、塩見好輝、今野大喜、18歳でアマチュアの出利葉太一郎(沖学園)の5人が続いた。 矢野東は3アンダーの10位。永野竜太郎は2アンダーの17位で滑り出した。
2021/09/26国内男子

中島啓太が史上5人目のアマチュア優勝

バーディ、1ボギーの「68」で回り、通算18アンダーでホールアウト。19アンダーまで伸ばしていた最終組の永野竜太郎が最終18番(パー3)でボギーをたたき、プレーオフに突入した。 18番を使用する…
2015/06/26国内男子

矢野東が単独首位快走 ポールター、アイケン3打差で追う

、小池一平、今平周吾、リュー・ヒョヌ(韓国)の5人。さらに1打差の9位で、前日首位タイの広田悟、永野竜太郎、宮瀬博文、チェ・ホソン(韓国)、キム・ヒョンソン(韓国)、クォン・ソンヨル(韓国)の6人が続いて
2017/10/29国内男子

男子ツアーも雨天中止 小鯛竜也が初優勝

最終日中止は記録が残る1985年以降、ツアー史上初めて。 大雨によるコースコンディション不良のため、午前7時45分のスタートの約1時間半後から中断。午前10時20分ごろ、中止が決まった。 2位には通算12アンダーの宮里優作、永野竜太郎、任成宰(韓国)が入った。
2017/10/28国内男子

小鯛竜也が首位 1差2位に宮里優作ら

13アンダーで首位に浮上した。1打差の2位に賞金ランキング2位の宮里優作、永野竜太郎、任成宰(韓国)の3人がつけた。 賞金ランキング1位の小平智は5バーディ、2ボギーの「69」でプレー。通算11アンダー
2019/04/18国内男子

池田勇太が2打差4位 首位に貞方章男とD.オー

、ノーボギーの「63」でプレー。38歳のデビッド・オーとともに首位で初日を終えた。1打差3位に松原大輔がつけた。 6アンダー4位に池田勇太、星野陸也、小田孔明、永野竜太郎、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア