2019/11/10TOTOジャパンクラシック

強い、強い、鈴木愛 「夢みたい」な米ツアー初制覇

以降 年間6勝以上> 2015年 イ・ボミ(7勝) 2009年 さくら(6勝)、諸見里しのぶ(6勝) 2005年 不動裕理(6勝)、宮里藍(6勝) 2004年 不動裕理(7勝) 2003年 不動裕理(10勝) 2000年 不動裕理(6勝) 1997年 福嶋晃子(6勝) 1989年 小林浩美(6勝)
2019/11/03スウィンギングスカート台湾選手権

ネリー・コルダがプレーオフ制し連覇 渋野日向子39位

ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、ハー・ミジョン(韓国)、キム・セヨン(同)の3人が並んだ。 47位から出た渋野日向子は6バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「69」でプレー。米ツアー2戦目は通算3アンダー39位。さくらは「73」でプレーし、通算7オーバー65位で終えた。
2019/11/02スウィンギングスカート台湾選手権

渋野日向子「73」で47位に後退 ネリー・コルダ首位

(オーストラリア)、通算14アンダー3位にカロリン・マソン(ドイツ)。通算13アンダー4位にハー・ミジョン(韓国)が続いた。 さくらは通算6オーバー63位で最終日に臨む。
2019/11/01スウィンギングスカート台湾選手権

渋野日向子「74」で34位に後退 ハー・ミジョンが首位守る

11アンダー2位で続いた。 キム・インキョン(韓国)、ミンジー・リー(オーストラリア)の2人が通算10アンダー3位につけた。さくらは「71」でプレーし、通算4オーバー63位で2日目を終えた。
2019/11/01スウィンギングスカート台湾選手権

【速報】渋野日向子が2ホール目でバーディ

パーとすると、続く2番(パー5)でバーディを奪った。8位からスタートして通算4アンダー暫定4位に浮上した。 さくらはインコースからスタートして、10番でバーディ。1ホールを消化して、通算4オーバー
2019/10/31スウィンギングスカート台湾選手権

渋野日向子が3打差8位発進 首位ネリー・コルダら

メジャー「AIG全英女子オープン」(8月)以来となる2度目の米ツアーで3アンダー8位と好位置につけた。 世界ランク1位のコ・ジンヨン(韓国)と同2位のパク・ソンヒョン(韓国)は1オーバー37位。さくらは「77」でプレーし、5オーバー72位と出遅れた。
2019/10/29スウィンギングスカート台湾選手権

渋野日向子が米ツアー2戦目へ メジャー覇者と同組

選手権」優勝者のハンナ・グリーン(オーストラリア)と同じ組に入った。 日本からは、ほかにさくらがエントリーした。世界ランク1位のコ・ジンヨン(韓国)、同2位のパク・ソンヒョン(韓国)、アリヤ・ジュタヌガン(タイ)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、朴仁妃(韓国)らが出場する。
2019/10/20ビュイックLPGA上海

ダニエル・カンが逆転で大会連覇 畑岡奈紗は3位

は6バーディ、2ボギーの「68」で回り、通算13アンダーとスコアを伸ばし、リウ・ユ(中国)、クリスティン・ギルマンと並んで3位に入った。 さくらは58位で終えた。
2019/10/19ビュイックLPGA上海

ジェシカ・コルダが単独首位 畑岡奈紗は6打差4位に浮上

奈紗は6バーディ、1ボギーの「67」でプレー、スコアを5つ伸ばして通算9アンダーの4位タイに浮上した。首位を6打差で追って最終日を迎える。 さくらは2バーディ、6バーディの「76」と落とし、通算7オーバーの59位となった。
2019/10/18ビュイックLPGA上海

エース達成のヘンダーソン首位 畑岡奈紗は9位に後退

。 首位スタートの畑岡奈紗は2バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「73」とスコアを落とし、9位タイに順位を下げた。 さくらは「72」とし、通算3オーバーの46位で2日目を終えた。
2019/10/17ビュイックLPGA上海

畑岡奈紗が今季初の首位発進 横峯さくらは53位

。 ジェシカ・コルダ、エンジェル・インが4アンダーの3位。リディア・コー(ニュージーランド)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、ダニエル・カンらが3アンダーの5位で並んだ。 さくらは3オーバーの53位で初日を終えた。
2019/10/16ビュイックLPGA上海

中国でアジアスイング開幕 絶好調の畑岡奈紗が参戦

される。昨年行われた第1回大会は、ダニエル・カンが通算13アンダーで優勝を果たしている。 日本からは畑岡奈紗とさくらが出場する。畑岡は日米を通じて出場した直近5試合(日本3試合、米国2試合)で2勝
2019/10/06ボランティア・オブ・アメリカクラシック

25歳グリーンが「64」で首位浮上 横峯さくらは37位に後退

3位で続いた。 20位で出たさくらは1バーディ、4ボギーの「74」とスコアを落とし、通算1アンダーの37位に後退した。上原彩子は通算イーブンパーの47位で3日目を終えた。
2019/10/05ボランティア・オブ・アメリカクラシック

38歳シャープが首位タイ浮上 横峯さくら5打差20位

」をマークし、通算9アンダーとしてブリタニー・オルトメア、シャイアン・ナイトと並んで首位に立った。 首位で出たステファニー・メドウ(北アイルランド)が1打差の通算8アンダー4位で追う。 さくらは4
2019/10/01日本女子オープン

3度目の女子オープン 渋野日向子「ここで勝つのは名誉」

なった今大会は「重要になる」と位置付ける。 「ここで勝つのは、名誉なこと。女子で一番強い人が選ばれるというイメージ」。本格参戦1シーズン目に限れば、宮里藍やさくらを上回る21試合連続で予選通過中だ