2019/08/01大東建託・いい部屋ネットレディス

アン・シネが体調不良で棄権 「80」の大たたき

◇国内女子◇大東建託・いい部屋ネットレディス 初日(1日)◇鳴沢GC(山梨県)◇6605yd(パー72) アンシネ(韓国)が第1ラウンド終了後に体調不良を理由に棄権した。アンの棄権は2017年
2019/07/14ニッポンハムレディス

S.ランクンがツアー初優勝 2位に河本結と稲見萌寧

・ボミ(韓国)は「72」と伸ばせず、三ヶ島かな、永峰咲希と並んで通算9アンダーの8位に終わった。 アンシネ(韓国)は通算7アンダーとし、今季ベストの13位で終えた。
2019/07/05資生堂レディス

リランキング突破のアン・シネ “職場”を懸けた夏へ

◇国内女子◇資生堂アネッサレディスオープン2日目(5日)◇戸塚CC(神奈川県)◇6513yd(パー72) 第1回リランキング(出場優先順の入れ替え)でシーズン中盤戦の出場権を得たアンシネ(韓国
2019/06/25アース・モンダミンカップ

リランキング前の最終決戦 鈴木愛は3週連続V狙う

なる。同50位のアンシネ(韓国)や渡邉彩香(58位)、三浦桃香(66位)らにとっては大事な一戦となる。 また、今大会終了時点の賞金ランキング上位5人(有資格者を除く)に、8月1日に開幕する海外メジャー「AIG全英女子オープン」(ウォーバーンGC /イングランド)の出場権が付与される。
2019/05/31リゾートトラストレディス

原英莉花が単独首位発進 20代前半の若手が上位を独占

た。 アマチュアの古江彩佳が3アンダーの7位発進とし、5人が出場するアマ勢の最上位につけた。 賞金ランキング3位で今週のフィールド最上位となるイ・ミニョン(韓国)は、今季7試合目のアンシネ(韓国)らと並び1アンダーの26位で初日を終えた。
2019/04/13スタジオアリス女子オープン

エイミー・コガが単独首位に浮上

。 韓国のアンシネは通算3オーバーの45位タイとなり、今季2戦目で初めて予選を突破した。通算5オーバーの71位タイで終えたイ・ボミ(韓国)、松田鈴英らは予選落ちを喫した。
2019/04/10スタジオアリス女子オープン

日本人開幕6連勝なるか 比嘉、鈴木、上田、河本は今季2勝目を狙う

、第4戦「アクサレディス in MIYAZAKI」でツアー初優勝を飾った20歳のルーキー河本結も出場する。 韓国勢は昨季賞金女王のアン・ソンジュが母国で頸椎ヘルニアの内視鏡手術を受けるため、今週から2週連続で出場しないが、申ジエ、イ・ボミ、キム・ハヌル、ペ・ソンウ、アンシネらが参戦する。
2019/03/30アクサレディス in MIYAZAKI

河本結が5連続バーディで首位浮上 4打差追う同期2人と最終組対決へ

(韓国)とともに通算7アンダー6位。通算6アンダー8位に松田鈴英、吉本ひかるら4人が並んだ。 前年覇者のフェービー・ヤオ(台湾)は通算5アンダー12位。今季初戦のアンシネは通算2オーバー74位、イ・ボミ(ともに韓国)は通算3オーバー81位で予選落ちを喫した。
2019/03/29アクサレディス in MIYAZAKI

脇元華が地元で首位発進 同期の河本結が2位

かかる上田桃子は3アンダー「69」とし、18歳でアマチュアの鬼塚貴理(熊本国府高3年)、三浦桃香ら10人が並ぶ8位グループで終えた。 今季初戦のアンシネ(韓国)は、イ・ボミ(韓国)らと並び1アンダーの34位だった。