2017/09/15HEIWA・PGM Challenge II ~Road to CHAMPIONSHIP

韓国の41歳が初優勝/チャレンジ最終日

、1ボギーの「66」と、最終日のバーディ合戦で5ストローク伸ばすにとどまり、日高将史が並び通算12アンダーの2位で終えた。 通算8アンダー4位に小西健太、河野晃一郎ら5人が入った。
2019/04/09

大槻智春、嘉数光倫、香妻陣一朗がPGMとスポンサー契約

賞金シード(上位65人)を獲得。70位で終えた香妻は2年間保持してきた賞金シードを失ったが、昨年末のファイナルQT(最終予選会)を8位で通過し、今季前半戦(第1回リランキングまで)の出場権を確保した。 同社は新たに加わった3選手のほか、宮里優作、宮里聖志、日高将史とスポンサー契約を結んでいる。
2019/09/26elite grips challenge

北村晃一 阿久津未来也らが首位で最終日へ/AbemaTVツアー

・ソンヒョン(韓国)が初日トップタイの阿久津未来也をとらえ、通算6アンダーの首位で並んだ。 首位タイで出たアーノンド・ウォンワニ(タイ)、半田匠佳、植竹勇太が1打差の通算5アンダー4位で並んだ。 ドンファン(韓国)、日高将史ら7人が通算4アンダーの7位で続いた。