2020/01/07世界ランキング

鈴木愛が14位に浮上/五輪イヤー最初の女子世界ランク

の出場資格は、6月29日時点の世界ランクで15位以内に入れば各国最大4人までに与えられる。 以下の日本勢は稲見萌寧が53位(1ランクアップ)、上田桃子が61位、河本結が62位(ともに変動なし)、比嘉真美子が67位(1ランクダウン)、みなみが69位(変動なし)と続いた。
2019/12/28

GDO編集部が選ぶ 2019年ゴルフ10大ニュース(女子編)

と台頭 渋野や畑岡と同学年の“黄金世代”たちが、次々と飛躍を遂げる1年になりました。初優勝を飾ったのは河本結、渋野、原英莉花、小祝さくら、浅井咲希の5人。みなみは年間2を挙げ、ツアー通算勝利数を4
2019/11/26世界ランキング

渋野日向子は12位浮上 鈴木愛17位で変わらず/女子世界ランク

)、66位にみなみ(1ランクアップ)が続いた。 1位のコ・ジンヨン、2位のパク・ソンヒョン(ともに韓国)、3位のネリー・コルダのトップ3に動きはなかった。米ツアー最終戦を3位タイとしたダニエル・カンが8位から4位、同大会の優勝で62ポイントを加えたキム・セヨン(韓国)が11位から6位に浮上した。
2019/11/24大王製紙エリエールレディス

【速報】渋野日向子が単独首位でホールアウト 鈴木愛は4連勝ならず

。 最終組を回る首位スタートの森田遥は6ホールを終えて1つ伸ばし、通算16アンダーで渋野と並んでいる。 10月のプロ転向から3戦目の古江彩佳は、9ホールを終えて3つ伸ばして通算15アンダー。同ランク2位の申ジエ(韓国)、前年覇者のみなみは、6ホールを終えて通算14アンダーで続いている。
2019/11/23大王製紙エリエールレディス

「だからゴルフは面白い」 勝みなみが連覇に望み

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 3日目(23日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6580yd(パー72) 終盤17番(パー5)、フェアウェイバンカーのアゴ付近。みなみが放った5UT
2019/11/23大王製紙エリエールレディス

【速報】渋野日向子「66」 首位に3打差でホールアウト

ランキングでは来季シード(50位以内)の圏外となる61位にいる。 通算15アンダーにペ・ソンウ(14ホール終了)。通算14アンダーに「67」でホールアウトした前年覇者のみなみ、イ・ミニョン(韓国
2019/11/21大王製紙エリエールレディス

地元Vを目指す河本結 心強い味方と再タッグ

初優勝をあげた3月「アクサレディス」以来となる心強い味方に、「決まったのは2カ月前くらい。イメージは悪くない」と説明した。 前年の優勝スコアは通算20アンダー(みなみ)。今大会も「バーディ合戦になる
2019/11/21大王製紙エリエールレディス

森田遥が首位 渋野日向子2打差2位、鈴木愛36位

アンダー6位グループに前年大会覇者のみなみ、来季は米ツアーに拠点を移す河本結、10月「富士通レディース」でツアー史上7人目のアマチュア優勝を飾った古江彩佳ら9人が入った。 4週連続優勝が懸かる、賞金ランク
2019/11/19世界ランキング

鈴木愛が17位に浮上 渋野日向子は15位キープ/女子世界ランク

稲見萌寧(4ランクアップ)、59位に上田桃子(2ランクアップ)、62位に比嘉真美子(変動なし)、65位に河本結(変動なし)、67位にみなみ(1ランクアップ)が続いた。 米国ツアーはオープンウィークだったこともあり、1位のコ・ジンヨン(韓国)、畑岡らを含むトップ10に変動はなかった。