2011/10/28WORLD

【WORLD】カプルスがサンアントニオで完勝

チャンピオンズツアーでは最大となる第3ラウンド突入時のストローク差をつけたフレッド・カプルスにとっては、(最終日に)優勝することなど難しいことではなかった。 2位のマークカルカベッキアは一時カプルスに4打差
2011/12/08WORLD

【WORLD】T.レーマンが2011年賞金王獲得

もランキング首位を堅持してきたが、11月6日に最終戦を迎えた「チャールズ・シュワッブ・カップ」で、あわや逆転という窮地に追い込まれた。 最終戦まで2位マークカルカベッキアとのポイント差を382として
2002/11/12

ヒュンダイチームマッチ

性が高いとされているのはフレッド・カプルスとマークカルカベッキア組。この2人は4年連続のペアリング。1999年に優勝、2000年にはトム・レーマン&ダフィ・ウォルドーフ組に負けて2位。そして2001
2002/11/18

ヒュンダイチームマッチ

たフレッド・カプルス&マークカルカベッキアが決勝でリッチ・ビーム&ピーター・ロナード組と対戦し、ビーム&ロナード組が王座を奪取。 ピーター・ロナード 「今回は全てのパー3をバーディで決められた
2002/01/24

世界で活躍する日本選手たち

256ストロークを出したマークカルカベッキア。 日本からは丸山茂樹と横尾要が参加する。 田中秀道の優先順位では今週参加することはできなかった(予選会31番)。 ★ ヨーロピアンツアー
2002/06/25

CVSチャリティクラシック初日

M.カルカベッキア 3位(-8):J.スルーマン&S.アップルビー 3位(-8):D.クイグリー&B.クイグリー(D.クイグリーの甥) 5位(-7):P.ジェイコブセン&D.デュバル 6位(-6):D.トムズ&S.シンク 6位(-6):B.アンドレード&B.ファクソン
2001/11/22

世界で活躍する日本の選手たち(11月15日-11月25日)

チームを上回り、初代チャンピオンとなった。 日本から参戦の青木功は初日ニック・ファルドとチームを組みフォーサム形式でH・アーウィン/Mカルカベッキア組を2アンド1で下した。(12番ホールでは9番アイアン
2001/09/03

2001ライダーカップ出場者決定!

タイガー・ウッズ ランキング2位 フィル・ミケルソン ランキング3位 デビッド・デュバル ランキング4位 マークカルカベッキア ランキング5位 デビッド・トムズ ランキング6位 デービス・ラブIII