2004/04/27ブルーノスメモリアルクラシック

勢いに乗るH.アーウィンは昨年の雪辱を果たせるのか

日目まで首位を走っていたヘイルアーウィンが最終日に失速。最終日5アンダー伸ばしたトム・ジェンキンスが逆転優勝を飾った。ジェンキンスは先々週の「ブルーエンジェルクラシック」で今季初優勝を収め勢いがある
2004/05/04キンコーズクラシック of オースティン

名プレーヤーたちがジャック・ニクラス設計のコースに挑む

だけに、熟練の技を思う存分発揮した戦いが予想される。 昨年はチャンピオンズツアーを代表するトム・ワトソンとヘイルアーウィンによるプレーオフに突入。壮絶な戦いを制したアーウィンが初代チャンピオンに輝い
2010/10/30AT&T選手権

好調J.クックら5人が首位に並ぶ!

。初日首位に名を連ねたのは、ここ数戦好調を維持しているクックを筆頭に、ウィーブ、ラリー・ネルソン、ヘイルアーウィン、C.S.ルー(台湾)の5人。ノーボギーでラウンドしたクック、ウィーブの他、終盤に4
2008/01/19マスターカード選手権

米国チャンピオンズツアー、T.パーツァーが首位で幕開け!

(アルゼンチン)ら5人が並んでいる。今季賞金王を狙うブラッド・ブライアントは6アンダーの10位タイ、ローレン・ロバーツは、4アンダーの25位タイ。そして、昨季開幕戦を制したヘイルアーウィンはイーブンパー
2005/04/19リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ

語り継がれる伝説のプレーヤー達がしのぎを削る

の『Demaret』と各ディビジョンごとに勝者を決定する。 昨年は、最終日にヘイルアーウィンが独走態勢に入るも、終盤で失速。ガリー・コーク、ギル・モーガンに1打差まで詰め寄られたが、アーウィンが辛くも逃げ…
2004/10/05アドミニスタッフ・スモールビジネスクラシック

熾烈な賞金王争い!スタドラーが賞金王の座を決定付けるのか!?

された大会、初代チャンピオンに輝くのは。 今年も残り3試合に迫り気になる賞金王争い。約218万ドルでトップを行くクレイグ・スタドラーは、2位のヘイルアーウィンに41万ドルリードを奪っている。この大会
2018/06/17全米オープン

特別推薦で出場の48歳フューリック 最年長優勝へ3打差

迎える。逆転で15年ぶりの大会2勝目となれば、1990年に45歳で優勝したヘイルアーウィンを抜いて大会史上最年長優勝になる。 グリーンの硬さと風速が増し、通算アンダーパーがフィールドから消えたリンクス
2004/04/26リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ

H.アーウィンが今季初優勝!青木は意地を見せ35位

・モーガンは、前半で2つスコアを落とし一歩後退。代わって首位に立ったのはヘイルアーウィンだ。前半から果敢に攻め、3つスコアを伸ばし独走態勢に入った。 だが、後半に入るとアーウィンは12番、16番で
2005/10/11アドミニスタッフ・スモールビジネスクラシック

混戦の賞金王争い! 抜け出すのは、D.クイグリーか?

終盤戦に入り残り3試合となった。気になる賞金王争いは、約195万ドルでトップをいくのがダナ・クイグリー。これを追う2位のヘイルアーウィンとの差は僅か16万ドルと、まだまだ賞金王の行方は混沌としている
2004/05/29全米シニアプロ選手権

悪天候のため順延、飯合が暫定22位タイ

5アンダーをマーク。また、暫定3位タイには第2ラウンドをまだスタートしていないトム・ワトソン、ヘイルアーウィンが並んでいる。 日本勢は、飯合肇が第1ラウンドを終えて1オーバーの暫定22位タイ。山本
2005/09/13コンステレーション・エナジークラシック

賞金ランキングトップのD.クイグリーが出場!飯合の奮起に期待

大会は、今年で9回目の開催となる。 昨年のこの大会では、初日から首位を走り続けたウェイン・レビが辛くも逃げ切りツアー通算2勝目を飾った。最終日、ヘイルアーウィンが大会記録タイとなる「64」で周り
2003/04/21エメラルドコーストクラシック

最終日も伸ばした! B.ギルダーが2位に4打差の快勝!!

シーズンは、4勝を挙げる大活躍を見せた。ポスト。ヘイルアーウィンの呼び声も上がるほどノリに乗っているプレーヤーの1人だ。 最終日は上位陣がことごとくスコアを伸ばす中、ワトソンだけには辛い1日となった
2010/01/25三菱電機選手権

T.ワトソンが開幕戦を制す! F.カプルスは惜敗

16アンダー、単独4位にはトム・レーマン。単独5位にヘイルアーウィン。以下、マイク・グッデス、ベルンハルト・ランガー(ドイツ)らが続いて開幕戦を終えた。
2006/08/29ウォルマート・ファーストティーオープン

青木功ら日本勢の活躍に期待!H.アーウィンの2連覇なるか

回目を迎える新しい大会。 昨年の大会では、トップタイでスタートしたヘイルアーウィンが2位以下の猛追を振り切り優勝を遂げた。2位にはクレイグ・スタドラーが入った。 今年の大会でも、2連覇を狙う