2022/05/23記録

「全米プロゴルフ選手権」記録集

) 完全優勝(タイ含まず) ボビー・ニコルズ(1964年)ジャック・ニクラス(1971年)レイモンド・フロイド(1982年)ハル・サットン(1983年)ブルックスケプカ(2019年) 国・地域別の優勝…
2022/05/23記録

「全米プロゴルフ選手権」歴代優勝者

.ミケルソン キアワアイランドリゾート 70-69-70-73-282 -6 102 2020 C.モリカワ TPCハーディングパーク 69-69-65-64-267 -13 101 2019 B.ケプカ ベスページブラック 63…
2022/05/20全米プロゴルフ選手権

“4分の2” マキロイが吉兆の首位発進

最終日に「64」をマーク。メジャーの連続2ラウンドで記録した129ストローク(64、65)は、2019年全米プロの初日と2日目を合計128ストロークで回ったブルックスケプカに次いでメジャー史上2番目
2022/05/19ヨーロピアンツアー公式

「全米プロゴルフ選手権」で知っておくべき5つのこと

メジャー制覇を成し遂げて以降、スピースはグランドスラム達成に5回挑戦しており、その間の最高位はブルックスケプカが優勝した2019年のベスページでの3位タイとなっている。 「マスターズ」でキャリア初の
2022/03/27WGCデルテクノロジーズ・マッチプレー

シェフラー、DJら4強出そろう 金谷拓実はベスト16で敗退

。 ジョンソンは2017年大会で優勝。ブルックスケプカとの準々決勝を2アップとした。 4人1組のグループステージを2勝1敗で勝ち上がった金谷拓実は1回戦でコーリー・コナーズ(カナダ)に5&3とされ、ベスト16(9位タイ)で姿を消した。コナーズはアブラム・アンセル(メキシコ)にも2アップで競り勝った。
2022/03/27WGCデルテクノロジーズ・マッチプレー

金谷拓実はベスト8進出ならず コナーズに5&3で敗退

、アブラム・アンサー(メキシコ)はコリン・モリカワを7&6で破り、準々決勝に駒を進めた。 ブルックスケプカは世界ランキング1位のジョン・ラーム(スペイン)を19ホール目で制した。前年大会覇者のビリー
2022/03/19バルスパー選手権

「61」のマシュー・ニースミス首位 4打差5位にトーマス

アンダー3位につけた。 ジャスティン・トーマスが通算10アンダー5位で続いた。 ブルックスケプカは通算5アンダー25位、コリン・モリカワとダスティン・ジョンソンは4アンダー38位、ビクトル・ホブラン(ノルウェー)は3アンダー49位で決勝ラウンドに進んだ。
2022/03/18バルスパー選手権

バーンズが連覇へ首位発進 JT、DJらも上々の滑り出し

)、スコット・ストーリングスら4人。ジャスティン・トーマスがトップから2打差の5アンダー9位で発進した。 ダスティン・ジョンソン、ブルックスケプカらは4アンダーの12位。世界ランキング2位のコリン・モリカワは3アンダーでバッバ・ワトソンらと同じ33位で2日目に入る。
2022/03/14ザ・プレーヤーズ選手権

日曜日にようやく第2ラウンド終了 バーンズとホジー首位

(ピアシーは18番もボギーで予選落ち)。 コリン・モリカワは4オーバー83位、ザンダー・シャウフェレとジョーダン・スピースは7オーバー108位、ブルックスケプカが9オーバー126位で決勝ラウンドへ進めなかっ…