最近のニュース 新着一覧≫


2020/12/31PGAツアーオリジナル

2020年ギア関連のトップストーリー

について振り返ってみよう。 ブライソンデシャンボー効果 これこそが2020年のストーリーだった。ブライソンデシャンボーは適度にフィットした身体の成功したツアープロから、筋骨隆々の異形種…
2020/11/18PGAツアーオリジナル

PGAツアーで「長尺ドライバー」は定着するのか?

ブライソンデシャンボー効果”は本物である。PGAツアーの選手たちは、時速5、10、あるいは15マイル(6.7m/s)の初速アップを実現させている。選手たちはジムへと通い、用具を変えて350ydの
2021/02/04サウジインターナショナル

1Wの46インチ規制提案 デシャンボーは動じず「ルールに従う」

&Aと全米ゴルフ協会(USGA)が2日に提案した飛距離制限のための用具規制に、ブライソンデシャンボーは理解を示した。昨年、肉体改造によってツアー屈指の飛ばし屋に変貌。さらなるロングドライブを求めて48
2021/02/03WMフェニックスオープン

飛距離問題にシンプソンが反論「問題はコースの構造」

パー4を1オンさせたのをはじめ、13番(510yd/パー5)で軽々とイーグルを奪った飛ばし屋のブライソンデシャンボーが大きな話題となった。ティイングエリアを後方に下げるなどコースセッティングの対応に
2021/01/08セントリートーナメントofチャンピオンズ

ドラコン世界王者に師事 デシャンボーがさらなる進化

◇米国男子◇セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ 初日(7日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7596yd(パー73) 昨年11月の「マスターズ」から1カ月半。ブライソン
2020/11/04PGAツアーオリジナル

デシャンボーのもうひとつの主要武器「パター」を徹底解剖

ロックスタイルは最新のアイディアではないが、それなりのパターを最高のそれへと変貌させたやり方であり、その有効性は少し前に「全米オープン」で“PGAツアー常駐物理学者”のブライソンデシャンボーがいかんなく
2021/02/19ジェネシス招待

バーンズが首位発進 松山英樹は47位 デシャンボーら出遅れ

終えた。 前年5位だった松山英樹は2バーディ、2ボギーの「71」として、イーブンパーの47位タイでスタートした。 ロリー・マキロイ(北アイルランド)、は2オーバー85位、ブライソンデシャンボーは4オーバー105位。ジャステ…
2021/02/05サウジインターナショナル

川村昌弘10位 金谷拓実17位 デシャンボーら好発進

)が続いた。 世界ランキング8位のブライソンデシャンボーが5アンダーで首位と4打差、6人が並ぶ4位につけた。 日本勢は川村昌弘が6バーディ、2ボギーの「66」で回り、4アンダーで10位の滑り出し
2020/11/12マスターズ

「我々は岐路に立っている」 飛距離問題でオーガスタGC

てきたオーガスタの13番(510yd/パー5)だが、ブライソンデシャンボーが練習日に第2打で握ったクラブはピッチングウェッジだったという。 オーガスタナショナルGCのチェアマン、フレッド・リドリー氏