2015/09/23女子プロレスキュー!

“チョロを出さない! FWとUTミス対策” 井上莉花

悩みあると思います、この2つを直せば、FWとUTの苦手を克服することできるはずです。 フェース開く「あおり打ち」 「あおり打ち」とは、ダウンスイングでシャフト寝てしまい、フェース開いたまま
2015/08/12女子プロレスキュー!

“飛んで曲がらないドローボール” 笹原優美

勝手に体は開く動きになりますので、イメージはトップの位置から腕だけを下ろしてくる感覚。体の向きはトップの位置のままキープし、腕だけ先行して下りてくるイメージです。 フェース開く! もうひとつ、クラブ
2014/08/25永井延宏のフェースコントロール

クラブを正しく使うために意識する身体の部分はココ

オープンとデスムーブ複合型に繋がります。 アドレスした時に手元を見ると、左手より右手外側に位置しています。フェース開く人は、8時の位置までにこの左右の手の位置関係替わっていること多いのです。左手
2014/08/21永井延宏のフェースコントロール

スイングの始動から腰までは、ヘッドを回転させない

スイングや効率のいいインパクトできなくなるからです。例えばデスムーブAは、過剰なフェース面の回転の事です、クラブの構造上ヘッド開く方向に動きたがる性質を持っているため、初動からフェース開くよう
2014/11/19サイエンスフィット

軌道は良いのにスライスする原因は?

、ドライバーのスライスとフェアウェイウッド打てないことに悩む方を分析。進入軌道は良いのに、スライスしてしまうケースで、この場合、フェース開く問題に重点を置くこと、弾道改善の近道となります! この
2015/02/18サイエンスフィット

いよいよ体の回転を整える!

思われます。 科学の目で原因解明! インパクトの瞬間のフェース角は、平均3.7度オープンで上々です!極端に開くことなくなったのは、前回のレッスンを忠実に実践していただいたからだと思います。ただし、左右
2015/06/17女子プロレスキュー!

“意外とやさしい!凄ワザ・アプローチ” 坂下莉彗子

◎ロブショット → 「フェース」を大胆に開く フワっとボールを上げるロブショット。バンカー超えや、エッジからピン近いケース、またはダイレクトにピンを狙ったりするには最適なショットです。ただし一般的に
2014/10/08サイエンスフィット

パットはフェースの向きが命!

イメージを持ってしまうと、テークバックで外に上がるようになります。外に上がると、フェースかぶり、左に引っ掛けるようになります。それを、補おうとして、インパクトでフェース面を開くようにしてしまうのです
2014/11/05サイエンスフィット

オーバースイングの原因はココだ!

当たるときもあれば、10度以上開くこともありまちまちで、フェース開いてインパクトしやすいスイングになっていること、まず改善すべきところです。実は、フェース開くのもオーバースイングも原因は同じです
2015/06/03女子プロレスキュー!

“こんなに楽チン! バンカー脱出” 坂下莉彗子

、「フェース開く」「左を向く」「スタンスなりに振る」といった基本は同じにしています。ただ、いつもよりボール位置は左足寄り、コックを強めにしっかり振ることだけを意識しています。 ゴルフはミス付きもの、ひとつ
2015/03/04女子プロレスキュー!

ラフからのショットって違うの? 小橋絵利子

わずかにフェース開く 【アマチュアゴルファーの悩み】 「ラフからフェアウェイウッド(以下FW)で打つと、ヘッドの抜け悪かったり、ボールの下をくぐってしまいます。プロはどのように打っていますか
2014/08/07永井延宏のフェースコントロール

パターのバックフェースでボールを拾えますか?

し、フェース開くデスムーブA、正しいスイングプレーンからクラブインサイドに大きく外れてしまうデスムーブB。どちらもトップまでに起こる動きで、この動きになってしまうと正しいインパクトを迎えるのは非常に
2014/10/22サイエンスフィット

弾道を決める決定的瞬間とは?

リーチする方法誤っているようです。 テークバックの8時までの手元の位置に下りてきます インパクトでフェース開くことと、ダウンブロー極端になることの原因は一つだと思われます。その問題の根源を直す
2014/07/17永井延宏のフェースコントロール

いきなりフェースをガバッと開くとデスムーブA

開いているつもりはなくても意外とフェース開くもの 前回、シャフトの過度な回転デスムーブAだということ、さらにその対処法として4時から8時のスイング幅で、フェース回転しないよう意識してボールを
2014/07/24永井延宏のフェースコントロール

テークバックは、低く長くなんて思っていませんか?

フェース開く原因は二つある アドレスからトップまでの間にフェースを開きすぎてしまうことミスショットの大きな原因であることは前回までのお話でお伝えした通り。シャフト右回転することでフェース
2014/07/10永井延宏のフェースコントロール

やってはいけない“デスムーブ”は3タイプ

、つまり始動からハーフウェイバックまでに症状出やすいです。まずはデスムーブAとはどんな動きなのか?そこから説明していきましょう。 シャフト回転しフェース開く動きデスムーブA 今回の企画で出て
2014/07/31永井延宏のフェースコントロール

キャディバッグを背負ってクラブを振ってみよう

に対してインサイドに位置することで、打ち出し右に出る要素となり、M-Tracerでは開くという数値に現れます。今回の企画は“フェースの開き”キーポイントです、デスムーブBはフェース自体開いてい
2014/06/26永井延宏のフェースコントロール

プロローグ 上達はフェースの開き方にありっ!

遅らせます。つまりフェース開くか閉じるかで、身体の動きやスイングのタイミングも、ひとつのパターンとして決まってしまうのです。 正しいスイングのメカニズムとしては、バックスイングの後半(ハーフバック
2014/08/13サイエンスフィット

Vゾーンの中に下ろすコツ

、ハーフバックでフェースもっと開きやすく、これをスイングの軌道でまっすぐにしようとするので、外から下ろすようになってしまうのです。 真っ先に改善すべきはグリップです! インパクトでフェース開くのは