2016/04/21サイエンスフィット レッスン

左手に対して一定のシャットで握る方法

に折れることで、フェース開くケースもあります、女子プロと比較すると、左手の甲の向きは同じ。その違いは、左手の甲に対するフェース向きだけ。つまり、最初のグリップの時点からフェース開いた形で握って
2016/05/12サイエンスフィット レッスン

脇を締めれば脇が開く!?

、年間約30ラウンド 改善すべきところはまさにトップ 弾道は当たる瞬間のヘッドの軌道とフェース向きだけで決まります。従って、そのデータを見れば、軌道問題なのかフェース向き問題なのかを、すぐに診断する
2016/03/03サイエンスフィット レッスン

軌道が良ければスライスの改善はカンタン!

いるだけということになります。インパクトの瞬間のフェース向きは平均8.3度なので、軌道に対して大きく開いています、さほど重症ではありませんよ。 どこでフェース開くのか? さて、スライスする原因
2016/03/17サイエンスフィット レッスン

一度身につけばずっと忘れない腰の切り方

、ロフト寝て、フェース開くようなインパクトをしているからです。 インパクトの瞬間のフェース向きは、1.5度アッパーで2度インサイドアウトと、まったく問題ありません。しかし、フェース向きは8度と結構開いて
2016/01/20女子プロレスキュー!

“「ライン出し」で狙い打ち!” 井上希

。 【ディボット跡.03】 前側の場合「フェース」を開く! 一方でボールディボットの前側、クラブ抜けていく方向に近い場合は、ヘッド抜けていく方向に芝あるので、抜けにくいの問題点。そこで私は先程とは逆
2016/01/14サイエンスフィット レッスン

リバーススイングはこう直す!

アマチュアの半分はリバース気味です! アマチュア陥る典型的なスイングは3つ。グリップの時点からフェース開いていること。テークバックでフェース開くこと。そして、テークバックでリバースすることです
2015/12/23サイエンスフィット レッスン

テークバックの"2時間"で大きく変わる!

フェース開く人、体突っ込む人・・・ 多くのアマチュアのスイングの問題点を突き詰めていくと、大半の原因はアドレスを6時とした、8時までのテークバック乱れていることにあります。6時から8時まで
2015/08/19サイエンスフィット レッスン

確かなテークバックにするたった2つのポイント

フェース開いているわけでもなく、テークバックで大きく開くわけでもありません。アウトに上がって、インから引きつけて下ろすときに、フェース開いてしまいがちなのです。ミドルアイアンやショートアイアンで
2015/12/09サイエンスフィット レッスン

2つのアクションでトップの位置が自然に決まる!

、ダウンスイングでクラブ寝てしまいがちだからです。 山外さんの場合は、多くのアマチュアのように、テークバックで左手の甲上を向くようにローテーションして、フェース開くわけではありません。体に対しては大きく
2015/05/27サイエンスフィット レッスン

トップで左手首が折れる本当の理由

みると、8度開くこともあれば、逆に2度クローズということもあり、インパクトでの開き具合一定していませんね。10度もの差あれば、球筋安定しなくて当然です。テークバックで開いたフェース
2015/05/13サイエンスフィット レッスン

大型ヘッドでつかまらない人は・・・

したとおり、トップでのフェースの開きフェースの開きの最大値を示しています。アドレスからトップに至るどこかで、その最大値に向かってフェース開いていきます。どこで開くのかは人それぞれです、最初から
2015/10/28サイエンスフィット レッスン

自然で適度なタメを作るには?

タメを意識する良し悪し ほとんどのアマチュアは、テークバックでフェース開くので、ダウンスイングでタメを作ろうとすれば、フェースさらに戻りにくくなり、スライス悪化します。また、闇雲にタメを意識し
2015/09/16サイエンスフィット レッスン

現代のクラブが合わない人は・・・

からです。問題は、どのタイミングでフェース開くのか? グリップには問題ないので、テークバックのどこかで開いてしまっているようです。 クラブの進化に取り残された浦島状態 若い時にゴルフを学んで、10年
2015/08/05サイエンスフィット レッスン

体が回っていないのにオーバースイング!?

倒れる上体の使い方だからです。飛球線に対して、胸あまり回転しないので、フォローでも腕の通り道塞がりがちになります。フォローで詰まるので、インパクトを合わせなければいけません。フェース戻らなければ右
2015/11/11女子プロレスキュー!

“バンカーから寄せる!キホンのキ” 兼岩美奈

ソールにあるバウンスを活かして砂を爆発させた勢いでボールを飛ばすこと。そうするには、「フェース」を開くことと「スタンス」の取り方重要です。 「フェース」&「スタンス」ポイント! まずはアドレスして
2015/04/01サイエンスフィット レッスン

トップでフェースの向きを変えてみよう!

上げた時に、グリップを回して、正しい向きに直してみてください。フェース開くグリップや体の動きといった細かな問題をスルーして、トップさえ正しいフェース向きになっていれば、インパクトの瞬間のデータの改善に