2019/04/02マーク金井の試打インプレッション

つかまり良く高弾道が打ちやすい「ピン G410 SFT ドライバー」

Sフレックス。ワッグルすると中間から先端にかけてしなりを感じる。 据わりの影響もある、スタンダードポジションでヘッドを地面に置くとフェース開く方向に回転する。兄弟モデル「G410 プラ…
2019/08/11topics

ウェッジは「平成」30年間でどう進化したのか?

プロは、「『MTN III』は低めに出てピンの手前に落とし、スピンを利かせてピピっと止めるイメージで寄せるモデルです。高く上げようとか、フェース開くとか、そういうことは一切考えないシンプルなモデルだっ
2019/07/20クラブ試打 三者三様

RTX4 フォージド ウェッジ/ヘッドスピード別試打

出しやすい」とのこと。HS40台の筒は「ソール形状の抜けの良さでスピンかかりやすい」と一番の特徴となるスピン性能に言及。HS50台の万振りマンは「構えたときにフェース勝手に開いてしまう…」とやや辛口
2014/11/14ツアーギアトレンド

テーラーメイドが新R15メタルウッドを発表

ウェイトトラックだけで終わりではない。 R15のロフトセッティングは、プラスマイナス2度のロフト調整機能“ロフトスリーブテクノロジー”により、合計12種類の弾道調整可能となった。フェースを閉じることで
2017/11/07マーク金井の試打インプレッション

低スピン弾道で飛距離を 「ピン G400 LSテック ドライバー」

。ヘッドの座りの影響だと思われる、ポンと地面に置くとフェース開く方向にヘッド少し回転するのだ。このタイプのドライバーは、ヘッドを地面に置いてからグリップするよりも、…
2018/04/10マーク金井の試打インプレッション

ミスに強くてまっすぐ飛ばす「ピン G400 マックス ドライバー」

サイズアップすることで投影面積を広げ、慣性モーメントを8%増大させた。 アドレスした時にG400との違いはほとんどない。ノーマルポジションでアドレスするとフェースは少し開いた感じになる開く度合いは