2019/07/15優勝セッティング

三菱ケミカルの最新シャフトで初優勝 S.ランクンの14本

G400 ハイブリッド(3番19度、4番22度) アイアン:ピン i210 アイアン(4番~W) ウェッジ:ピン グライド 2.0 ウェッジ TS(50度、58度) パター:ピン シグマ2 タイン パター ボール:タイトリスト プロ V1X ボール
2019/07/12中古ギア情報

石川遼の復活優勝クラブを中古でチェック

ツアーグラインド ウェッジ(58度)」もソールの削りや仕上げが特別仕様。「オデッセイ プロトタイプ PT 09 ix パター」も市販はされていない。 石川のセッティングと完全一致させるのは難しいが、もし真似てみるならば、ドライバーとフェアウェイウッドの通常モデルあたりから試してみてはどうだろう。
2019/07/02優勝セッティング

ランの出にくいコースで新1W投入 星野陸也の優勝ギア

) ダンロップ スリクソン Z945 アイアン(4番~PW) ウェッジ:クリーブランド RTX-3 ウェッジ(50度、58度) パター:オデッセイ ホワイト・ライズ iX #3SH ボール:ダンロップ NEW スリクソン Zスター
2019/07/01優勝セッティング

今季3勝目を飾った申ジエの優勝ギア 4UTを5Iに替えて風対策

エピック(3番20度) アイアン:ミズノ ミズノプロ 518 アイアン(5番~PW) ウェッジ:キャロウェイ マックダディ 4 ウェッジ (50度、54度、60度) パター:オデッセイ ホワイトホット #4 ボール:タイトリスト プロ V1 ボール
2019/06/24優勝セッティング

鈴木愛 盤石の14本 連覇&2週連続Vの優勝ギア

ハイブリッド(4番22度、5番26度) アイアン:ピン i210 アイアン(6番~PW) ウェッジ:ピン グライド 2.0 ウェッジ(50度、54度、58度) パター:ピン ヴォルト アンサー2 パター ボール:タイトリスト プロV1Xボール
2019/06/18優勝セッティング

今季2勝目 鈴木愛が投入した「ピン G410 LST ドライバー」

、まだまだ試行錯誤が続きそうだ。 パターはピンの「ヴォルト アンサー2 パター」。「今週は本当にパターに助けられた。いいパットがたくさんあった」と4日間平均で26.75パットと安定した。 <最終日の使用
2019/06/10優勝セッティング

変更ウェッジでチップイン 上田桃子の優勝ギア

:タイトリスト 816 H1 ユーティリティ(23度、27度) アイアン:キャロウェイ APEX アイアン(6番~PW) ウェッジ:キャロウェイ X フォージド ウェッジ ミルキークロム(50度、54度、60度) パター:オデッセイ ホワイト・ライズ iX #1SH ボール:キャロウェイ クロムソフト X ボール
2019/06/07中古ギア情報

中古で買える?ジャンボ尾崎が見立てたクラブ

の影響を色濃く感じるのが、アイアン、パター、ウェッジだろう。 契約先であるミズノの「ミズノプロ 918 アイアン」は軟鉄鍛造でヘッドが大きく、ポケットキャビティ構造でミスヒットに強い。発売から2年ほど
2019/06/06ツアーギアトレンド

69歳のレジェンド、トム・ワトソンが使用する14本

マックダディ 4 ウェッジ(50度、56度) パター:オデッセイ VERSA パター #7 BLACK 今大会のキーポイントに、ワトソンは「ピンの手前から狙うこと。グリーンが大きくてスロープも多いので、上に
2019/06/03優勝セッティング

7番アイアンが2本 契約フリー池田勇太がこだわる14本

イーゾーン CB 501 フォージド アイアン」。ロフト違いの7番アイアンを使い分ける。 グリーン上で大きな武器となったパターは、自身で購入してコレクションしていたという、ブリヂストンの「J's
2019/05/28優勝セッティング

アプローチが安定 勝みなみの優勝ギア

Z-フォージド アイアン (5番~PW) ウェッジ:クリーブランド RTX-4 ブラックサテン ウェッジ(50度、54度、58度) パター:オデッセイ オー・ワークス パター #1 ボール:ダンロップ スリクソン Zスター XV ボール
2019/05/27優勝セッティング

アイアンは8月発売の最新モデル 大槻智春の初優勝クラブ

500 アイアン(4番、5番)、ピンBLUE PRINT アイアン(6番~PW) ウェッジ:ピン グライド 2.0(50度)、 ピン グライド フォージド(54度)、アクシスゴルフ Z1ウェッジ パター:ピン PLD アンサー2 ボール:タイトリスト プロ V1 ボール
2019/05/19ツアーギアトレンド

アダム・スコットに見るボール選びの難しさ

・ケプカと9打差の 8位で最終日を迎える。スコットと言えば、長尺パターの印象が強いと思うが、今年の序盤は通常の長さのパターを使用していた。今大会で長尺パターに持ち替え、3日目までの平均パット数は全体