2020/02/13クラブ試打 三者三様

NEW egg 5500を筒康博が試打「スライサーもフッカーも使える」

、直進性がめちゃくちゃ高いクラブです。構えた時点で、フェース面がはっきり見えるので、打ち出し角がものすごく出しやすい。ティアップをあまり高くしない人、チョロが多い人、ボールが上がりきらない、池越えや谷
2019/09/14クラブ試打 三者三様

オリジナルワン ミニドライバー/ヘッドスピード別試打

、ボールは上がらないと思います。やはり私くらいのHS30m/s台では現実的に使用するものではないかもしれません」 ―ティアップしたFWショットの感覚? 「そうですね。曲げたくない時のティショットで使うの
2019/06/29クラブ試打 三者三様

M6 フェアウェイウッド/ヘッドスピード別試打

です」 ―3Wだけ? 「『M5 FW』の時にも感じましたが、ティアップした時には無理なくボールを遠くへ運べるFWということは、明確に分かりました」 ―構えやすさは? 「ちょっと大きいサイズ感ではあり
2019/06/22クラブ試打 三者三様

M5 フェアウェイウッド/ヘッドスピード別試打

ボール(ツーピース)で計測した。 「HS遅い人にはややシビア…」と感想を述べたのは、ドライバーのHSが30台の西川。「ティアップすれば問題ないが、芝の上からはちょっとシビア…」とのこと。HS40台の筒は
2016/06/21マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ XR 16 フェアウェイウッド

、スピン量は3000~3400回転。3Wとしてはスピン量がかなり少ない。試しに、低めにティアップして打ったら、打出し角は14度前後、スピン量は2400~2600回転前後となった。ティアップして打つとまさに
2009/08/04マーク金井の試打インプレッション

ミズノ MP CRAFT S-1 ドライバー

上がりやすさよりも、吹き上がりを抑えること、そして球の強さを求めたドライバーである。 フェースの厚みは約52ミリ。これは意外な数値。今時のドライバーと比較すると、かなりシャローだ。低めのティアップ
2009/05/26マーク金井の試打インプレッション

ナイキ サスクワッチ DYMO ストレートフィット ドライバー

シャローだ。高めのティアップよりも、低めのティアップの方が構えやすい。 シャフトを脱着するためのパーツは大きめで、構えると否応なしに目に入る。好き嫌いがハッキリ出そうな形状だが、この部分が大きいことで
2017/06/20マーク金井の試打インプレッション

ヤマハ インプレス UD+2 フェアウェイウッド

ティアップして打ったら、打出し角は15度前後、スピン量は2500~2800回転前後となって、高弾道で飛距離がさらに伸びた。 標準装着される純正シャフト『TMX-417F』は、切り返しで中間部分がしなり
2017/05/23マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド M2 フェアウェイウッド

でいく。特にティアップして打つとドライバーで打ったかのような強い弾道になり、キャリーだけでなくランでも飛距離を稼げる3Wである。 ヘッドスピードを44m/sぐらいに上げて弾道計測すると、FWとしては
2016/07/19マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド M1 フェアウェイウッド

11~12度で、スピン量は2900~3200回転。3Wとしてはスピン量がかなり少ない。試しに、低めにティアップして打ったら、打出し角は13~14度前後、スピン量は2300~2600回転前後となった