2018/11/21ツアーギアトレンド

宮里優作が極小ヘッド 260ccの1Wを実戦投入へ

ァイトデザイン ツアーAD BB(6X)」を挿している。 同社でクラブ開発を担当する升川泰祐さんは、以前からプロたちの小ぶりなヘッドへの懐古や要望を聞いていたという。460ccまで大型化した近年の1W
2017/05/30優勝セッティング

カン・スーヨン、前回優勝から変わらぬ安定の14本

> ドライバー:テーラーメイド グローレ F ドライバー(10度) シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD BB(R/45.75インチ) 3W:テーラーメイド M2 フェアウェイウッド(2016年
2015/12/08マーク金井の試打インプレッション

グラファイトデザイン ツアーAD GP

のような粘り感が手に伝わる。 シャフトの両端を持って山なりに曲げてみると、しなり幅(たわみ幅)が少なく、先端側のしなりは控えめだ。 ツアーADシリーズの中では、ツアーAD BBツアーAD
2015/07/15シャフトでこんなに変わるんだ!

「パワーがあるのに、なぜか飛ばない…」を原因究明!

ァイトデザイン ツアーAD BB):弾道高さも適正になり、スライス弾道が激減! 飛距離を伸ばす鍵は、「腕力」ではなく「シャフト」! ゴルフを始めて2年の尾後さん。年齢は20代、スイングはパワフルそのもの
2015/04/15シャフトでこんなに変わるんだ!

リシャフトで悪い癖が直る!?

ァイトデザイン ツアーAD BB-7 S 先端が硬く、中間から手元寄りがしなるシャフト。ハードなインパクトでも当たり負けしない シャフトの特性で、スイングの“悪い癖”が直る 関プロ「今回は、手元側がしなる
2015/04/02topics

工藤遥加「450ccのやさしいMP」

こだわりを探っていこう。 2014公式ドライビングディスタンス第9位※ 工藤遥加のセッティング ミズノ MP CRAFT ドライバー(9.5°) × グラファイトデザイン ツアーAD BB(6S
2014/12/17シャフトでこんなに変わるんだ!

“カチャカチャ機能”の役割

フォーミュラ R55 手元側がしなり、ダウンスイングで粘る挙動が特徴でタイミングがとりやすい。インパクトではボールを良く弾く。 4 グラファイトデザイン ツアーAD BB-5 R 先端部が硬く、中間から
2014/08/21ツアーギアトレンド

ツアーADの新モデルが登場 「MJ」に込められた意味は?

紺色でデザインされた逸品。石川遼が早速ドライバーに装着し、テストを開始した。 2009年にナノテク素材を搭載したモデルの系譜を踏む今作は、「DI」から始まり、「DJ」、「BB」、「GT」、そして昨年の
2014/03/13topics

シャフトとヘッドの相性を調査せよ!

:三菱レイヨン フブキJ(60S) 【方向性重視】狭いフェアウェイをとらえるのは良い意味での“鈍感”シャフト 方向性 第1位 グラファイトデザイン ツアーAD BBシリーズ 鮮やかなブルーが特徴的な
2013/09/04ツアーギアトレンド

目指すは頂点!ツアーADの新製品「MTシリーズ」

ニューモデル。夏場のトーナメント会場で、プロへのプロモーションが開始されている。 今作は、2009年に世に出た「DI」シリーズで採用された、ナノテク素材を搭載してから5代目(DI→DJ→BB→GT→MT
2013/07/05中古ギア情報

メジャー3連勝のギアは誰もが知っているあの名器

、グラファイトデザインのツアーAD BB-6(SR)を入れている。正確でしっかり距離も出ていて、このクラブがメジャー3連勝に貢献していることは、間違いない印象。 アイアンはダンロップ ゼクシオ
2013/01/16マーク金井の試打インプレッション

ヤマハ インプレスX V203 TOURMODEL ドライバー

モノトーンで落ち着いているが力強さを感じさせる。長さは45インチ。シャフトはツアーADの最新モデルであるGT-6が標準装着されている。試打テスト中に藤田寛之が絶賛したインプレスV203ツアーモデル
2012/12/04マーク金井の試打インプレッション

グラファイトデザイン ツアーAD GT

感じたい人 ・ツアーADBBよりも少しやさしいシャフトを使いたい人 グラファイトデザイン、ツアーADシリーズの最新作であるGTシリーズ。これまでのモデル同様、横縞模様のグラフィックで、カラーは鮮やか