2017/11/11リゾートワールド・マニラマスターズ

地元フィリピンの23歳トップ 日大1年の桂川有人は24位

15アンダーの首位に浮上した。インドのジョティランダワと並んだ。 この日ベスト「63」を出したナムチョーク・タンティポカクル(タイ)ら4選手が1打差の3位。日本から唯一出場のアマチュア桂川有人(日本大学1年/19歳)は26位から通算8アンダーの24位に上がり最終日を迎える。
2017/05/17タイランドオープン

波乱万丈の大会 8年ぶりにアジアンツアーで開催

として最後に開催された09年大会は、ラグーナ・プーケットGCで開催され、ジョティランダワ(インド)がタイトルを手にした。今年は地元タイ勢のトンチャイ・ジェイディー、キラデク・アフィバーンラト
2017/03/14ヨーロピアンツアー公式

知っ得!SSP.チャウラシアの勝利が意味する事実

(1967-68)とジョティランダワ(2006-07)が同大会を連覇していた。 インド人としてツアー最多勝 ○インド人選手としてナショナルオープンを複数回制覇したのは、ジョティランダワ(2000
2016/12/05パナソニックオープン インディア

ムケシュ・クマールがツアー最年長優勝を飾る

、通算10アンダーとして同ツアー初優勝を飾った。1打差2位には、ジョティランダワとラシド・カーン(ともにインド)は続いた。 クマールは、51歳126日での優勝となり同ツアーの最年長優勝記録を塗り替え
2016/12/01パナソニックオープン インディア

ジョティ・ランダワが暫定首位 濃霧で順延

◇アジアンツアー◇パナソニックオープン インディア 初日(1日)◇デリーGC(インド)◇パー72 初日は濃霧の影響で、スタートが4時間遅れ順延となった。ホールアウトした選手では、ジョティランダワ
2015/02/20ヒーローインディアンオープン

連覇かかるラーマンら5人が首位 川村昌弘は大きく出遅れ

・アトワルが同じく23位、ジーブ・ミルカ・シンが1オーバーの56位、ジョティランダワは3オーバーの93位で初日を終えた。 日本勢として唯一エントリーしている川村昌弘は「77」と崩れ、6オーバーの120位と大きく出遅れ。3番、14番で叩いた2回のダブルボギーが響いた。
2015/02/17ヨーロピアンツアー公式

カプール、母国凱旋に勇躍

優勝したアニルバン・ラヒリ、シブ・シャンカラ・プラサド・チョウラシア、そして2000年、2006年及び2007年に「インドオープン」を制しているジョティランダワといった面々である。
2014/12/04インドネシアオープン

川村昌弘が29位で日本勢最上位 P.ハリントンが2位発進

(スウェーデン)、ジョティランダワ(インド)ら7人がグループを形成している。 3人がエントリーした日本勢は、川村昌弘が1アンダー29位で最上位。塚田好宣はイーブンパーの40位、片岡大育は1オーバーの54位で初日を終えた。
2014/11/18リゾートワールド・マニラマスターズ

リャン・ウェンチョンが連覇に挑む

ウェンチョンが連覇を狙うほか、キラデク・アフィバーンラト(タイ)、デビッド・リプスキー(米国)、タワン・ウィラチャン(タイ)らツアーの強豪が集結。地元フィリピンのエース、ジュビック・パグンサンらが待ち受ける。 日本勢は片岡大育と谷昭範が参戦する。
2014/11/15チェンマイゴルフクラシック

片岡大育が8位に急浮上 クロンパが母国タイトルに前進

アンダーで単独首位に浮上。後続に2打差のリードをつけ、ツアー初優勝を母国タイトルで飾るべく最終日を迎える。 首位から出たジョティランダワ(インド)は「70」と2つ伸ばすにとどまり、通算13アンダーの2
2014/11/14チェンマイゴルフクラシック

ランダワが首位奪取 片岡大育21位、谷昭範63位で決勝へ

◇アジアンツアー◇チェンマイゴルフクラシック 2日目◇アルパインゴルフリゾート(タイ)◇パー72 4位からスタートしたジョティランダワ(インド)が7バーディ、ノーボギーラウンドにまとめる「65」を
2014/11/13チェンマイゴルフクラシック

片岡大育が19位タイで日本勢最高位 塚田好宣は出遅れ

」でプレー。ツアー未勝利の2人が6アンダーで首位に並び立つ好スタートを切った。 5アンダーの3位にマーダン・ママット(シンガポール)。さらに1打差の4位に、ジョティランダワ(インド)、スコット・バーら
2014/10/17香港オープン

エルスがバースデーチャージ! 単独首位に浮上

・ジャクラン(フランス)、スコット・ヘンド、キャメロン・スミス(ともにオーストラリア)の3人。さらに1打差の5位に、台湾出身のルー・ウェイチー、首位から後退したジョティランダワ(インド)ら11人が集団
2014/10/16香港オープン

J.ランダワが首位 3連覇狙うヒメネスは出遅れ

◇アジア・欧州男子◇香港オープン 初日◇香港ゴルフクラブ(香港)◇6,699ヤード(パー70) インドのベテラン、ジョティランダワが7バーディ1ボギーの「64」で回り、6アンダーで首位に立った
2013/11/05ヒーロー・インディアンオープン

地元インドのスターが勢揃い 母国タイトル奪還なるか

“オールスター”たちがズラリと勢揃いするインド勢だ。今年も、大会3勝を誇るジョティランダワ、米国PGAツアー制覇(2010年/ウィンダム選手権)の実績を持つアージュン・アトワルをはじめ、今季賞金ランキングで
2013/10/13CJインビテーショナルHosted by K.J. Choi

カン・スンホンが圧勝 3シーズンぶり通算2勝目

。 通算7アンダーの2位に、ジョティランダワ(インド)とキム・テフン(韓国)。賞金ランキングトップのキラデク・アフィバーンラト(タイ)は通算6アンダーの4位タイで終え、今週終了時点で後続とは約31万
2013/10/10CJインビテーショナルHosted by K.J. Choi

K.アフィバーンラトが暫定首位! 注目組を牽引

さを、今週も見せつけている。 6アンダーの暫定単独2位には、ホールアウトした韓国のキム・テフン。さらに1打差の暫定3位タイにはジョティランダワ(インド)ら4人が続き、いずれもホールアウトしている
2013/04/07パナソニックオープン インディア

上位陣は終盤に崩れる W.オムスビーが単独首位のまま最終日へ

からは3打差、通算5アンダーの3位タイに地元インドのシブ・カブールと、タイのブーンチュ・ルアンキット。4アンダー5位にジョティランダワ(インド)が続いた。ジーブ・ミルカ・シン(インド)は通算2オーバーの22位タイで3日目を終えた。