2018/12/29旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.44 ただいま日本編

素晴らしい試合でした! 日本は2日目を終えて劣勢になったところから、最終日のシングルスマッチで挽回。一歩及ばず敗れましたが、最後の小平智さんとキラデクアフィバーンラト選手の戦いまで持ち込むことができ
2018/12/22

日本は4pt差を追って最終日へ 谷原&アマ吉田ら勝利/日本タイ親善試合

組み合わせになった第3試合は、小平&畑岡がキラデクアフィバーンラト&アリヤ・ジュタヌガンに2&1で敗れた。谷原秀人&アマチュアの吉田優利(麗澤高校3年)は、5&3でプラヤド・マークセン&アタヤ・ティティクルに勝利した。 最終日はシングルス12マッチが行われる。
2018/12/22

アマ吉田優利は“オーガスタ”に夢心地

、「(小平との同組は)緊張したけど、色々話しかけてくれてすごく楽しかった」と喜んだ。 世界ランキング38位のキラデクアフィバーンラト、昨年に14歳で欧州女子ツアーを制したアマチュアのアタヤ・ティティクル
2018/11/19ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」制覇から不振 ウィレットが歓喜の復活優勝

ボギーの「70」でこの日をラウンドした。 通算13アンダーの7位タイにはディラン・フリッテリとトム・ルイスが入り、その1打後方の9位タイにはキラデクアフィバーンラト、セルヒオ・ガルシア、そしてアレックス・ノレンが入った。
2018/11/07佐藤信人の視点~勝者と敗者~

試合数の減少からたどる新たな見どころ

が得られる、年内終了時にWR50位以内に入るためです。 昨年は年内最終戦のアジアンツアー「インドネシアマスターズ」で、宮里優作選手とキラデクアフィバーンラト選手(タイ)が滑り込みで出場権を獲得しまし
2018/11/02ターキッシュエアラインズオープン

ローズが連覇へ1打差2位発進 谷原秀人は出遅れ

のほか、キラデクアフィバーンラト(タイ)、マルティン・カイマー(ドイツ)らが並んだ。 日本勢で唯一参戦の谷原秀人は1バーディ、2ボギーの「72」で回り、1オーバーの54位タイと出遅れた。
2018/10/29ヨーロピアンツアー公式

シャウフェレが中国でプレーオフの末に劇的勝利

争いに絡むも、最終ホールでボギーを叩き、この日のスコアを「72」として、プレーオフに4打足らない通算10アンダーで4日間を終えた。 通算8アンダーの4位タイにはタイのキラデクアフィバーンラトと米国の
2018/10/28WGC HSBCチャンピオンズ

シャウフェレがプレーオフを制しWGC初制覇 松山英樹は30位

・ローズ(イングランド)が10アンダー3位。キラデクアフィバーンラト(タイ)とアンドリュー・パットナムが8アンダー4位タイに続いた。世界ランキング1位のブルックス・ケプカは2アンダーの16位タイで4日間を
2018/09/11佐藤信人の視点~勝者と敗者~

新興国から一大勢力へ タイ勢の強さの秘密

強さを発揮しているプラヤド・マークセン選手を思い浮かべる人も多いと思いますが、欧州ツアーにキラデクアフィバーンラト選手やトンチャイ・ジェイディー選手が参戦。女子ツアーでもアリヤ、モリヤのジュタヌガン
2018/08/28GDOEYE

日本でわずか3人 ゴルフ専門スタートアナの職人芸

アナウンスを聞くと「気持ちが落ち着きます」と言葉をかけられたり、風邪気味で鼻声だと心配する声が届くこともある。 発音で難しいのはタイの選手と話し「キラデクアフィバーンラトとか本人に聞いても通訳の人に聞いて
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」組み合わせ

・ワトニージョナサン・ベガス 8:23(22:23) ホアキン・ニーマンケビン・チャッペル 8:32(22:32) ラッセル・ヘンリー松山英樹 8:41(22:41) オリー・シュナイダージャンズロス
2018/07/22全英オープン

「全英オープン」最終日組み合わせ

最終日 1番~ 8:00(16:00) ボウ・ホスラー 8:10(16:10) ラファ・カブレラベローキラデク・アフィバーンラト 8:20(16:20) キム・シウーブライソン・デシャンボー 8
2018/07/17全英オープン

松山英樹はウッズと同組 小平智はミケルソンと/全英予選ラウンド

今季2勝を挙げている秋吉翔太は、ジェイソン・デイ(オーストリア)、李昊桐(中国)とのグルーピングになった。 ディフェンディングチャンピオンのジョーダン・スピースはジャスティン・ローズ(イングランド)、キラデクアフィバーンラト(タイ)と一緒に回る。
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

キラデクアフィバーンラト ダニエル・バーガー ラファ・カブレラベロー パトリック・カントレー ポール・ケーシー ケビン・チャッペル ジェイソン・デイ ブライソン・デシャンボー トニー・フィナウ ロス