最近のニュース 新着一覧≫


2019/09/18サンダーソンファームズ選手権

5年連続でツアー初優勝者が誕生中 前年王者はチャンプ

する試合に“昇格”した。 直近5年は立て続けにツアー初優勝者が誕生している。前年大会はキャメロンチャンプが初日から最終日まで首位を守りきり、通算21アンダーの完全優勝で初勝利を飾った。 昨季の最優秀
2019/06/29ロケット・モーゲージ・クラシック

松山英樹は11位で決勝へ 2位にキャメロン・チャンプ

単独首位をキープした。1打差の2位に今季1勝の飛ばし屋、キャメロンチャンプ。さらに1打差の12アンダー3位にチャールズ・ハウエルIIIが続いた。 4アンダー33位タイから出た松山英樹は5バーディ
2019/06/29ロケット・モーゲージ・クラシック

364ydドライブも ケガ乗りこえ強いチャンプが戻ってきた

◇米国男子◇ロケット・モーゲージ・クラシック 2日目(28日)◇デトロイトGC (ミシガン州)◇7340yd(パー72) ツアー屈指のパワーヒッター、キャメロンチャンプが、久々にリーダーボード上位
2019/02/05WMフェニックスオープン

キャメロン・チャンプ ブラックorホワイトシューズの理由

、ルーキーイヤーの今季「サンダーソンファームズ選手権」(昨年10月)でさっそく初勝利を挙げたキャメロンチャンプが、大会2日目に一風変わったスタイルで登場した。右足は黒、左足は白いシューズを着用。その理由は彼の
2018/11/04シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

“新飛ばし屋”チャンプはドライバーを3カ月で交換

◇米国男子◇シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン 3日目(3日)◇TPCサマリン(ネバダ州)◇7255yd(パー71) 米ツアーで新たな飛ばし屋として注目されるのが、23歳のキャメロン
2019/12/18オーストラリアPGA選手権

「プレジデンツ杯」メンバーが母国で連戦 堀川未来夢がエントリー

なる。 日本人は堀川未来夢がエントリー。日本ツアーを主戦場にするブラッド・ケネディとアンソニー・クウェイルが母国タイトルに挑むほか、米国のキャメロンチャンプが出場する。 大会が終わるとツアーは短いオフに入り、来年1月第2週の南アフリカから再開する。
2018/10/27サンダーソンファームズ選手権

キャメロン・チャンプがツアー初Vへ首位キープ

キャメロンチャンプが第2ラウンドを5バーディ、3ボギーの「70」でプレーし、ノーマン・キョンとともに首位で大会を折り返した。 通算8アンダー3位に36歳のショーン・ステファニとジョナサン・バードが
2018/10/28サンダーソンファームズ選手権

23歳キャメロン・チャンプ「64」で首位 後続に4打差

◇米国男子◇サンダーソンファームズ選手権 3日目(27日)◇カントリークラブ・オブ・ジャクソン(ミシシッピ州)◇ 23歳で初優勝を目指すキャメロンチャンプが首位から9バーディ、1ボギーの「64」で
2020/01/26ファーマーズインシュランスオープン

ラームが首位に浮上 ウッズは5打差14位で最終日へ

・ヒッグス、キャメロンチャンプの4人が並んだ。 大会7勝を飾るタイガー・ウッズは4バーディ、1ボギーの「69」でプレー。トップと5打差の通算7アンダー14位で最終日を迎える。 松山英樹は3バーディ、5ボギーの「74」で回り、通算2アンダーの50位とした。
2019/11/13マヤコバゴルフクラシック

マット・クーチャーが連覇狙う 小平智が出場

するほか、ジェイソン・デイ、トニー・フィナウ、キャメロンチャンプ、チャールズ・ハウエルIIIら優勝経験者がフィールドに集結する。日本勢は小平智がエントリーした。
2019/09/22サンダーソンファームズ選手権

セバスチャン・ムニョスが単独首位浮上

)が9バーディ、ボギーなしの「63」でプレーし、ツアー初優勝に向け通算16アンダーの単独首位に浮上した。 メキシコのカルロス・オルティスが1打差の2位。単独首位で出たアン・ビョンフン(韓国)は14アンダーの3位に後退した。 前年覇者のキャメロンチャンプは7アンダーの25位で3日目を終えた。
2019/09/21サンダーソンファームズ選手権

アン・ビョンフンが暫定首位 連日の順延

年の米下部ツアー賞金王のイム・ソンジェ(韓国)は通算7アンダーの暫定10位。前年覇者のキャメロンチャンプは4アンダーの暫定42位になった。
2020/01/25ファーマーズインシュランスオープン

米ツアー屈指の難コース 小平智「成長感じた」

感じるコースはアメリカでも、こことベイヒルとファイヤーストーンくらい」。同組のキャメロンチャンプが350ヤードドライブを連発し、PWや9Iで打つところ、5Iや4Iを持たされるのだからたまらない。だが