2017/03/12ヨーロピアンツアー公式

順延続きのインド大会 暫定首位で並ぶ3人の戦い方は?

通算6アンダーとしたところで日が暮れ、12番グリーンで引き上げたピゲムは、DLF G&CCでプレーが再開されると、決めれば単独首位に抜け出すパットを残している。 1ホールを残しているビングリーン
2017/11/08リゾートワールド・マニラマスターズ

惨事を乗り越えマニラ開催 日大1年のアマチュアが推薦出場

チャウラシアのほか、賞金ランクトップを走るビングリーン(マレーシア)、地元フィリピンのフランキー・ミノザ、ジュビック・パグンサン、ミゲル・タブエナら。 日本からは日本大学1年のアマチュア・桂川有人(19歳)が推薦で出場する。
2017/03/13ヨーロピアンツアー公式

チョウラシアがニューデリーでタイトル防衛

3ラウンドを終えた時点で3打差の首位に立った地元で人気のチョウラシア。最終ラウンドで「71」をマークして通算10アンダーとし、2位に入ったマレーシアのビングリーンに対し、シーズン最高記録に並ぶ7打
2017/10/19ザ・CJカップ

韓国で初の米男子ツアー開幕 トーマス「63」で首位発進

ビングリーン(マレーシア)の5人が続いた。 ジョナサン・ベガス(ベネズエラ)、トニー・フィナウら4人が5アンダーの7位。ジェイソン・デイ(オーストラリア)は4アンダー12位、昨季新人賞のザンダー・シャウフェレは3アンダー20位とした。 アダム・スコット(オーストラリア)はイーブンパーの51位と出遅れた。
2017/10/26WGC HSBCチャンピオンズ

前年覇者・松山英樹は10打差出遅れ ケプカが首位発進

制したブルックス・ケプカが18番(パー5)のイーグルを含む「64」をマークし、8アンダーの単独首位で滑り出した。キラデク・アフィバーンラト(タイ)、ビングリーン(マレーシア)が1打差の2位タイにつけ
2017/09/29マーキュリーズ台湾マスターズ

パグンサンら暫定首位 マークセン19位

日没順延となった。ビングリーン(マレーシア)とジュビック・パグンサン(フィリピン)の2人が通算7アンダーで並び、暫定首位に立った。 首位と1打差、通算6アンダーの暫定3位にセティ・プラコンベチ(タイ
2017/09/28マーキュリーズ台湾マスターズ

タイの23歳が首位発進 マークセンは41位

スタートした。 首位と2打差、5アンダー2位にビングリーン(マレーシア)、4アンダー3位に地元台湾のカオ・テン、ジュビック・パグンサン(フィリピン)、ダンタイ・ブーンマ(タイ)、スラディット
2017/09/30マーキュリーズ台湾マスターズ

パグンサンが単独首位 マークセンは21位で最終日へ

(フィリピン)が3バーディ、1ボギーの「70」でプレーして、通算9アンダーで単独首位に立った。 通算8アンダー2位に同じく首位で出たビングリーン(マレーシア)、通算6アンダー3位にキース・ホーン
2017/09/17新韓東海オープン

カナダの26歳が逆転Vでツアー2勝目 チャン・キムは8位

プレーし通算11アンダーで逆転。14年の「ソレイユオープン」に続く、アジアンツアー2勝目をマークした。 首位で出たビングリーン(マレーシア)は4バーディ、2ボギーの「69」として、通算10アンダーの
2017/02/10ヨーロピアンツアー公式

「63」のウォーレンがマレーシアで首位発進

1打後方にはビングリーン(マレーシア)、ロバート・カールソン(スウェーデン)、キム・キョンテ(韓国)、リチャード・T・リー(カナダ)、デービッド・リプスキー、シャハンカー・シャルマ(インド)、ニアル・ターナー(アイルランド)、そしてロマン・ワッテル(フランス)がつけている。
2017/08/18フィジーインターナショナル

スコット・ヘンドら4人が首位 竹安俊也は37位で決勝へ

イーグル、5バーディ、1ボギーで、この日のベストスコア「66」を出し、通算7アンダーでダニエル・ピアース(ニュージーランド)、ジェーソン・ノリス(オーストラリア)、ビングリーン(マレーシア)に並んで首位
2017/01/21SMBCシンガポールオープン

【速報】第2ラウンド終了 スコット3位、池田勇太は予選落ち

」「67」でプレーしたスンス・ハン(米国)が通算9アンダーで首位。2位にビングリーン(マレーシア)、世界ランク7位のアダム・スコットが通算7アンダー3位につけた。 日本人の最上位は小平智、谷原秀人
2017/01/19SMBCシンガポールオープン

谷原秀人、小平智が暫定首位スタート 池田勇太は暫定127位

にも恵まれている。 5アンダー4位にスンス・ハン(米国)、マレーシアの23歳のビングリーン、パビット・タンカモルプラサート(タイ)の3選手。4アンダー暫定7位に4ホールを残した竹安俊也、第1
2017/04/30Yeangder ヘリテージ

シブ・カプールがツアー通算2勝目 竹安俊也は55位

アンダーで逆転優勝。05年の「ボルボアジアマスターズ」に続くツアー通算2勝目を挙げた。 首位と2打差、通算14アンダーの2位にビングリーン(マレーシア)と、首位で出た張二根(韓国)の2人。通算13
2016/06/29Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

日本勢は3人が出場 リオ五輪の若手有望株が火花

載せる21歳のミゲル・タブエナ(フィリピン)、22歳のビングリーン(マレーシア)らが出場を予定している。 日本からは、主催者推薦で大川詩穏、QTランクの資格で高橋賢と竹安俊也がエントリーする。
2016/07/12リオデジャネイロ五輪

リオ五輪男子ゴルフは世界5位から392位で金メダル争い?

(オーストラリア)や日本の松山英樹ら出場辞退選手を除いたランキングで、発表された出場予定選手では、世界ランク最上位が5位のバッバ・ワトソン、60人目の最下位は321位のビングリーン(マレーシア)と
2016/06/24ISPSハンダグローバルカップ

池田、浅地、平塚らが3差追う 海外選手が上位席巻

アンダーの3位に朴ジュンウォン(韓国)、タンヤゴーン・クロンパ(タイ)の2人。通算8アンダーの5位でビングリーン(マレーシア)、ムン・キョンジュン(韓国)、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)の3