2024/07/21国内女子

ツアー新記録で4打差圧勝 21歳・川崎春花が2試合連続V

度目の2位に終わった。 佐久間が通算22アンダー3位。地元福岡県出身の三ヶ島かなが通算21アンダー4位で続いた。青木瀬令奈が通算20アンダー5位。 午前6時30分にスタートした大会最終日は、雷雨接近のため同6時53分に一時中断。およそ1時間後に再開し、全組ホールアウトまで完遂した。
2024/07/20国内女子

「63」の川崎春花が2連勝&ツアー記録更新へ首位浮上 三ヶ島かな2位

麗香が17アンダー4位につけた。 21位から出た仁井優花が8バーディ「64」とスコアを伸ばし、ツアー6勝の藤田さいき、ホステスプロの佐久間と並んで15アンダー5位。今季3勝でメルセデスランク2位の竹田麗央、森田遥、青木瀬令奈が14アンダー8位につけた。
2024/07/16国内女子

メジャー帰りの山下美夢有らが出場 森田理香子も3月以来の登場

ツアー復帰した元賞金女王の森田理香子が3月「ヤマハレディース葛城」以来の出場をする。昨年大会2位の小祝さくら、5位のリ・ハナ(韓国)、ツアー初優勝が待たれる佐久間や内田ことこ、3週前の「資生堂レディス」優勝の桑木志帆、2週前の「ミネベアミツミレディス」優勝の川崎春花らも大会を盛り上げそうだ。
2024/06/09国内女子

大里桃子「自信を取り戻せた」3年ぶり3勝目 3位吉本ひかるらと全英出場権

アンダーの5位に蛭田みな美。通算6アンダーの6位に前年覇者の岩井千怜、双子の妹・岩井明愛、佐久間、鈴木愛、河本結、神谷そら、高橋彩華が並んだ。 同じく全英出場権が得られる大会終了時点のメルセデスランキング上位3人には竹田麗央、小祝さくら、岩井千怜が入った。
2024/05/30国内女子

海外メジャー“裏開催” 初優勝者は何人誕生した?

試合(「ヤマハレディース」「サマンサタバサレディース」「北海道meijiカップ」「マンシングウェアレディース」)全てで初優勝者が誕生した。 MRでフィールド最上位の6位につける佐久間も、初勝利