2019/07/15マラソンクラシック

キム・セヨンが逃げ切り優勝 上原46位、横峯51位

。上がり2ホールで3打縮めた(17番バーディ、18番イーグル)が、3ボギーが響いた。 ステーシー・ルイスが16アンダーの3位、今季の「全米女子オープン」優勝者ジョンウン6(韓国)が14アンダーの4位
2019/07/14マラソンクラシック

キム・セヨンが首位 レキシー1打差 野村敏京24位

したジョンウン6(韓国)、11アンダーの4位にステーシー・ルイス、ジェニファー・カップチョ、カルロタ・シガンダ(スペイン)が続いた。 野村敏京が通算5アンダーの24位、横峯さくらと上原彩子は4アンダーの34位となった。
2019/07/13マラソンクラシック

キム・セヨンが首位浮上 横峯さくらと上原彩子20位

」をマークし、通算11アンダーの単独首位に立った。 1打差の10アンダー2位にジョンウン6(韓国)。レキシー・トンプソン、ステーシー・ルイス、ジェニファー・カップチョが通算9アンダーで続いた。 横
2019/07/12マラソンクラシック

上原彩子と野村敏京は20位発進 首位にアレーナ・シャープら

。 レキシー・トンプソン、ジョンウン6(韓国)ら4人が5アンダー7位で追う。 上原彩子と野村敏京は「68」で回り、3アンダーの20位で滑り出した。横峯さくらは1アンダーの40位で初日を終えた。山口すず夏は2オーバーの99位と出遅れた。
2019/07/10マラソンクラシック

横峯、上原、野村、山口が出場 オハイオでの4日間大会

・ソヨン(12年/ともに韓国)らベテランのビッグネームが歴代優勝者として参戦する予定。6月のメジャー「KPMG女子PGA選手権」を制したジョンウン6(韓国)のほか、世界ランキング4位のレキシー
2019/06/23ニチレイレディス

メンタル面で成長 鈴木愛が初の2週連続V

た。3週間前の海外メジャー「全米女子オープン」は週末にイライラを募らせた22位。帰国後1週間のオフに「自分のゴルフを、見つめなおした」。同大会優勝者のジョンウン6(韓国)や5位の比嘉真美子との違い
2019/06/12マイヤーLPGAクラシック

畑岡奈紗が2週ぶりにエントリー 横峯、野村、山口が出場

挙げたレキシー・トンプソン、2週前の「全米女子オープン」でツアー初優勝をメジャーで飾ったジョンウン6(韓国)らが名を連ねる。 日本勢は、「全米女子オープン」(予選落ち)以来のエントリーとなる畑岡奈紗、前年大会13位の横峯さくら 、野村敏京、山口すず夏が出場する。
2019/06/10ショップライトLPGA

レキシー・トンプソンが今季初勝利 横峯26位 上原43位

イーグル5バーディ、3ボギーの「67」でプレーし、通算12アンダーとして逆転で優勝した。最終18番(パー5)でイーグルを奪い、今季初勝利、ツアー通算11勝目を手にした。 首位で出たジョンウン6は1打
2019/06/08ショップライトLPGA

イ・ジョンウン6が連勝へ首位発進 上原彩子は2打差6位

「全米女子オープン」でメジャー初勝利を挙げたジョンウン6(韓国)が1イーグル9バーディ、3ボギーの「63」をマーク。インコースで「29」を記録し、8アンダーでポルナノン・ファトラム(タイ)と並んで8アンダー首位
2019/06/03全米女子オープン

比嘉真美子は「最後まで諦めず」メジャー3度目のトップ10

、迷ったまま打ったのがよくなかった」と、このパットもカップの横をすり抜けた。 優勝した同組のジョンウン6(韓国)の後塵を拝しながらも、14番でようやくこの日初めてのバーディとした。16番では10m
2019/06/03全米女子オープン

比嘉真美子は5位 イ・ジョンウン6がメジャー初優勝

◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(2日)◇カントリークラブ・オブ・チャールストン(サウスカロライナ州)◇6535yd(パー71) 6位スタートのジョンウン6(韓国)が「70」として
2019/06/03全米女子オープン

【速報】42年ぶり快挙ならず 比嘉真美子は通算3アンダー

の「74」でプレーし、通算3アンダーで4日間を終えた。 同組のジョンウン6(韓国)が通算6アンダーでホールアウトしてクラブハウスリーダーとなっており、1977年「全米女子プロ」の樋口久子以来となる
2019/05/06LPGAメディヒール選手権

キム・セヨンが通算8勝目 山口すず夏は68位

◇米国女子◇LPGAメディヒール選手権 最終日(5日)◇レイクマースドGC(カリフォルニア州)◇6507yd(パー72) 通算7アンダーの首位で終えたキム・セヨン、ジョンウン6(韓国)、ブロンテ
2019/02/16ISPS HANDA オーストラリア女子

野村敏京が3打差2位で最終日へ 首位にネリー・コルダ

通算4勝目に望みをつなげた。 通算8アンダーの3位に、ジョンウン6(韓国)、ジョディ・ユワート・シャドフ(イングランド)、首位から出たウェイリン・スー(台湾)の3人。前年覇者のコ・ジンヨン(韓国
2018/09/17エビアン選手権

40歳のスタンフォードがメジャー初勝利 畑岡奈紗は16位

たたいて「74」とし、ツアー初勝利を逃した。通算11アンダーの2位で、オースティン・アーンスト、モー・マーティン、キム・セヨン(韓国)と並んだ。通算10アンダーの6位にライアン・オトゥールとジョンウン