2021/02/08世界ランキング

D.ジョンソン盤石1位 松山は23位で変わらず/世界ランク

アップの12位に。同大会を4位で終えたジョーダン・スピースが前週92位から69位に上がり、ツアー自己最高2位に入ったキョンフン(韓国)が121人抜きの142位に急浮上した。 日本勢はトップの松山英樹が
2021/02/08WMフェニックスオープン

ケプカが5打差逆転の2年ぶりV 松山42位、小平63位

打差2位にザンダー・シャウフェレとキョンフン(韓国)。 シャウフェレと並ぶ首位から4年ぶりのタイトルを狙ったジョーダン・スピースは「72」と伸ばせず、通算17アンダー4位でフィニッシュした。 松山
2021/02/07WMフェニックスオープン

スピースが10バーディ「61」で首位浮上 松山と小平は36位

した。 スコッティ・シェフラーとキョンフン(韓国)が3打差3位。ジャスティン・トーマスとルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)が通算14アンダー5位で続いた。 ツアー最年長優勝がかかる53歳の
2020/02/14ジェネシス招待

「64」のクーチャーが首位発進 ウッズ17位 松山42位

「64」で7アンダーとし、後続に3打差をつけて首位に立った。 4アンダーの2位にキョンフン(韓国)、ラッセル・ヘンリー、ウィンダム・クラーク、アダム・シェンク、ハロルド・バーナーIIIの5人が続い
2019/11/24ザ・RSMクラシック

ブレンドン・トッドが3連勝に前進 小平智は74位

。 通算16アンダーの2位にウェブ・シンプソンとセバスチャン・ムニョス(コロンビア)。通算15アンダーの4位にD.J.トレイハン。通算14アンダーの5位にキョンフン(韓国)、リッキー・バーンズ、首位
2019/08/10ザ・ノーザントラスト

DJが首位ターン 松山英樹20位 ウッズは棄権

スタート前に棄権した。 予選落ちしたパットン・キザイア、バッバ・ワトソン、キョンフン(韓国)らはポイント加算がなく、ランキング上位70人が出場できるプレーオフシリーズ第2戦「BMW選手権」(イリノイ州メダイナCC)に進め…
2019/06/21トラベラーズ選手権

首位に6人が並ぶ混戦の幕開け 小平智は87位

、ブロンソン・バーグーン、ザック・スーカー、キョンフン(韓国)、アブラム・アンセル(メキシコ)、マッケンジー・ヒューズ(カナダ)の6人が首位に並び立った。 5アンダーの7位に、前年最終日に4打差首位から
2019/06/21トラベラーズ選手権

【速報】小平智はイーブンパーで発進

伸ばした。 2打目を池に入れた17番をダブルボギーとするなどし、後半に3ストローク落とした。 ホールアウトした選手では、キョンフン(韓国)、アブラム・アンセル(メキシコ)ら5人が6アンダーの首位で並ぶ混戦となっている。
2019/06/03全米オープン

2019年「全米オープン」出場者&資格

ロリー・サバティーニ ジェイソン・ダフナー チェッソン・ハドリー エリック・ファンローエン ルーク・ドナルド アーロン・バデリー ブランドン・ウー ライアン・フォックス コリン・モリカワ ※
2019/06/02ザ・メモリアルトーナメント

【速報】松山英樹は「64」で上位浮上 通算11アンダー

11アンダーとして3日目を終えた。 ホールアウト時点では、8ホールを終えて首位のキョンフン(韓国)と1打差につけている。 3打目をピンにからめた5番(パー5)から3連続でバーディを奪取。9番でも3
2019/06/01ザ・メモリアルトーナメント

首位にカイマーら3人 松山英樹25位、ウッズ33位

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 2日目(31日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7392yd(パー72) 通算9アンダーの首位にトロイ・メリット、キョンフン(韓国
2019/04/07バレロテキサスオープン

キム・シウーが首位を死守 スピースとファウラーは16位に後退

アンダーの4位に、キョンフン(韓国)、スコット・ブラウン、ジョナサン・ベガス(ベネズエラ)の3人が続いた。 ともに2位から出たリッキー・ファウラーと地元テキサス出身のジョーダン・スピースは「73」と落とし、通算7アンダー…
2019/04/06バレロテキサスオープン

キム・シウーが4打リードで決勝へ スピース&ファウラー2位

ジョーダン・スピース、フィールドで世界ランキングトップ(8位)のリッキー・ファウラーほか、キョンフン(韓国)、コーリー・コナーズ、ハロルド・バーナーIII、アダム・シェンクの6人が並んだ。 前週の
2019/03/30コーラルズプンタカナリゾートクラブ選手権

イム・ソンジェが単独首位に浮上

プレー経験があり、今季からPGAツアーに加わったキョンフン(韓国)は43位からのスタート。「68」をマークして通算5アンダーの25位に浮上し、首位に5打差で予選ラウンドを通過した。