2017/01/24マーク金井の試打インプレッション

本間ゴルフ TOUR WORLD TW737 450 ドライバー

は重量が60g台。中間部分の剛性が高めの中調子で、インパクトゾーンではシャフトが鋭くしなり戻る。トルクはメーカー値で3.85(Sシャフト)。実際にスイングしてみるとねじれが少なめで、挙動もシャープ
2016/11/22マーク金井の試打インプレッション

本間ゴルフ TOUR WORLD TW737 455 ドライバー

メーカー値で3.85。実際にスイングしてみるとねじれが少なめで、挙動もシャープだ。硬さの目安となる振動数は269cpm。アスリート向けの純正Sとしては平均よりも硬く、アフターマーケット用と比較しても硬めだ
2015/03/03マーク金井の試打インプレッション

三菱レイヨン KUROKAGE XT

『ディアマナ』、『FUBUKI』などラインアップし、プロやアスリートに人気の三菱レイヨンから、新シリーズ『KUROKAGE XT(クロカゲ)』シリーズが発売された。すでにロリー・マキロイや、アダム
2015/01/13マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト 915 D3 ドライバー

後方に装着される重量調整ウエイトは、「ビス形状」のデザインが一新され、ソールのデザインもシャープさを全面に打ち出している。 ソールに大きなスリット(溝)が入ったことで、これまでと雰囲気がガラッと変わっ
2014/11/25マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト 915 D2 ドライバー

れ、ソールのデザインもシャープさを全面に打ち出した。 ソールに大きなスリット(溝)が入ったことで、これまでと雰囲気がガラッと変わった915シリーズ。モデルチェンジでどんなバージョンアップを遂げたのか
2013/11/27新製品レポート

「低重心でヘッドが走る!」オノフ アイアン レディ

小ぶりなヘッドは変わらずだね。 確かに、レディスクラブの中では小ぶりね。シャープな印象なのにしっかりキャビティが深くて、特にヘッド左右の慣性モーメントが高いわ。ヘッド左右慣性モーメントが高いと言うことは
2013/08/07ギアニュース

ルールぎりぎり!『プロギア eggシリーズ』の詳細

プロの矢野東、谷原秀人が会場に駆けつけ、新製品の使用感を語ってくれた。 ■ルール限界の長尺設計「プロギア eggbird ドライバー」 最高の飛距離を求めるため、R&Aルール限界の長尺設計(60度法で
2013/01/29マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト 913 D3 ドライバー

もブラック仕上げ。シャープな印象を上手く演出している。 ヘッドをポンと地面に置くとフェースが開いた感じになる。プロ、上級者が好む「左に行きづらい」顔つきだ。 そして910同様、913も弾道調整機能が
2012/12/18マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト 913 D2 ドライバー

とフェースが開いた感じになる。ヘッドは910シリーズ同様、ボディだけでなくフェースもブラックに仕上げ。シャープな印象を上手く演出している。 910同様、913も弾道調整機能が追加されておりヘッドから
2012/11/27マーク金井の試打インプレッション

フォーティーン CT-112 ドライバー

窺える。 ヘッドもシャフトも濃いブルーでシャープな印象をユーザーに与えている「CT-112」。長さは47インチ。ちなみにR&Aの計測方法(※60度測定法)だと、47.75インチとなるそうだ。メーカー
2011/09/20ギアニュース

マキロイ着用モデルの進化版に注目

、参考上代は『FJスポーツ』が1万6000円、『eコンフォート』が1万5000円。 『FJスポーツ』は今年の全米オープン覇者であるロリー・マキロイやWGCブリヂストン招待で優勝したアダム・スコットの着用
2011/04/26マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト 910D3ドライバー

フェースもブラック仕上げ。シャープな印象を上手く演出している。 そして、モデルチェンジしたことを強烈にアピールしているのがネック部分。910シリーズには弾道調整機能が追加され、ヘッドからシャフトを脱着できる