2021/05/28リゾートトラストレディス

吉川桃は4打差3位 妹とともに目指すツアー初V

レディスチャンピオンシップサロンパスカップ」以降から、つま先上がり、つま先下がり、左上がり、左下がりと様々な傾斜から練習した。「6I、7I、8I、PWで、30球中20球をピン5mに寄せたら終わり、というのをやっていた
2021/10/03日本女子オープン

メジャー初Vへ 勝みなみ「楽しんで」チップイン2発

。その後は8番(パー3)でボギーも10番でバーディを奪った。 首位タイで臨んだ17番では「嫌な感じはした」という、つま先下がりの2打目が右の池方向へ。「警戒していなかった」と池に一度は入るも、水切り
2021/05/22ピュアシルク選手権

最終ホールのバーディで予選突破 渋野日向子「ほっとした」

オーバーが58位というのが見えた」と、実際のカットラインは3オーバーだったものの、2オーバーが必要と想定して迎えた18番。残り145ydの2打目はつま先下がりで、若干の左足下がり。「ランも出る状況だったので…
2021/03/23マスターズ

松山英樹のオーガスタナショナルGCコースガイド/2番(パー5、575yd)

エリアにピンが立つ日は難しい。「グリーンが軟らかいときはチャンスにつけられるが、硬くなると“左足下がりつま先下がり”のライから狭いエリアに落として止めるのはなかなか大変」。右手前にかけて強い全体傾斜があり、チッピングでも豊富な経験とイマジネーションが求められる。…
2021/06/07ザ・メモリアルトーナメント

“刻み”のホールで1W 松山英樹の視線は「全米オープン」に

試す場面もあったが、スコアは後退する一方で後半10番までに5ボギーを喫した。 ショートゲームで唯一とも言える喝さいを呼んだのが15番(パー5)。つま先下がりの急傾斜、深いラフから下りのグリーン面に対して
2021/05/27バンク・オブ・ホープLPGAマッチプレー

畑岡奈紗は初戦勝利も 「これから先が心配です」

、流れが変わったのは6番ホール。つま先下がりの左ラフから打った4Uでの第2打は、「思ったより左に出たけど、木にかすりながらも抜けてくれた」とかろうじてグリーンオン。「あのショットは大きかった」と、ここを
2021/04/05ANAインスピレーション

感覚か第三者の目か 畑岡奈紗のスイング問答

、バーディを先行させたが、その後が続かなかった。「切り返しのタイミングが合っていない。逆球が出たり、それが大きいミスにつながった。いまはつま先下がりのライが一番打ちづらい。フラットなライでも(納得する球が
2012/04/09マスターズ

“タイガーチャージ”は最後まで不発 「練習が必要」

コースで打ち上げのティショットやつま先上がり、つま先下がり、左足下がりのアイアンショットなどの練習を重ねていくうちに、バランス感、ボールポジションなどがずれてきて、インパクトでのクラブフェースアングルの
2020/12/15全米女子オープン

涙の惜敗 渋野日向子が偉業に迫った18ホールを振り返る

ナイスパー。 <7番>2つ目のボギーで並ばれる フェアウェイから6Iでの2打目は当たりが薄くグリーン右手前のラフへ。つま先下がりのライから1.5mほどに寄せたが、パーパットは左を抜けた。同じ最終組の
2020/04/30佐藤信人の視点~勝者と敗者~

1年延期の「東京五輪」 男子代表争いはどう変わる?

からスイングが変わり、ショットの安定感がいっそう増しました。つま先寄りに体重をかけ、深い前傾を保つポジションになったことで懐にスペースができ、インパクト時の手元がより低い位置を通るようになりました。2…
2020/11/12進藤大典ヤーデージブック

狙いは隣のフェアウェイ? オーガスタ13番の新ルート

グリーンを狙うプランです。クリークに近いフェアウェイほど平らになっていて、セカンドショットを打ちやすいのがポイント。逃げれば逃げるほど、クリーク越えのショットをつま先上がりから打たされる。まさにハイ…