ニュース

米国男子オメガミッションヒルズワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

日本は通算10アンダーの7位に浮上! 首位と7打差で後半戦へ

中国のシンセンにあるミッションヒルズ・ゴルフクラブで開催されている「オメガ・ミッションヒルズ・ワールドカップゴルフ」の2日目。連日の快晴に恵まれ、日中は真夏並みの強い日差しが振り注いだ。

この日は、1個のボールを2人で交互に打ち合うフォアサム。スコアを伸ばすのは難しい競技形式で、いかにミスショットを減らし、耐え抜くかがポイントとなる。その中で、今田竜二谷口徹が組む日本チームは序盤からスコアを伸ばす。2番でボギーの後、3、4、6、8、9番と怒涛のバーディラッシュ。10、13番とボギーを重ねたが、14、15番とバーディを奪い返し、最終的には7バーディ、3ボギー。4ストローク伸ばし、通算10アンダーの単独7位に浮上した。「流れが悪くなりそうなところで、大事なパットが決まってくれた。10番、13番でボギーが続いて悪い空気が漂っていたけど、14番で谷口さんが3メートルの下りのスライスラインを入れてバーディを獲れたのが大きかった」と今田。首位と7打差で残り2日間を迎える。

単独首位に浮上したのは、ミゲル・アンヘル・ヒメネスパブロ・ララサバルが組むスペイン。スコアを落とすことの多いフォアサムで9ストローク伸ばす圧巻のプレーを演じ、通算17アンダー。2位に4打差をつけ、リーダーズボードのトップに駆け上った。通算13アンダーの2位タイには、手堅く4ストローク伸ばしたオーストラリアと、首位から陥落したドイツ。通算12アンダーの単独4位にスウェーデン、通算11アンダーの5位タイにアメリカとアイルランドが続いている。

明日の3日目は初日と同様、互いに別々のボールでプレーし、良い方のスコアを採用するフォアボール形式で行われる。ここでどれだけスコアを伸ばせるかが、好位置で最終日を迎えるポイントとなる。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 オメガミッションヒルズワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。