ニュース

米国男子オメガミッションヒルズワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

今田&谷口は首位と4打差の10位タイ発進!

28ヶ国から代表選手が集い、世界ナンバーワンの称号を競う「オメガ・ミッションヒルズ・ワールドカップゴルフ」が11月27日(木)、中国のシンセンにあるミッションヒルズ・ゴルフクラブで開幕した。晴天に恵まれた初日、この日は互いに別々のボールでプレーし、良い方のスコアを採用するフォアボール形式で行われた。

今田竜二谷口徹が出場している日本は、互いに今大会初出場ながら抜群のチームワークを見せる。2番パー3で今田がピン右3.5メートルを沈めて幸先良くバーディを奪えば、4番パー4ではピン奥カラーから13メートルをウエッジで捻じ込みチップインバーディ。この日は今田が2個、谷口が4個のバーディを奪い、6バーディノーボギー。首位と4打差の6アンダー10位タイと無難な滑り出しを見せた。「1人が死んでも(ミスしても)、ボギーが出なかったことに噛み合いを感じましたね。すごく良かった」と谷口。明日以降に大いに期待を抱かせる初日となった。

10アンダーで単独首位に立ったのは、M.カイマーA.チェイカが組むドイツ。特にカイマーが1イーグル、6バーディと爆発し、首位浮上の原動力となった。9アンダーの単独2位には、日本ツアーで活躍するB.ジョーンズ擁するオーストラリア。8アンダーの3位タイに、カナダ、スペイン、そして昨年プレーオフで敗れた雪辱を晴らしたいアメリカが続いている。また、ディフェンディングチャンピオンのスコットランドは、C.モンゴメリーの不調もあり、4アンダー16位タイと出遅れた。

明日の2日目は、1個のボールを交互に打つフォアサム形式で行われる。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 オメガミッションヒルズワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。