ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

D.ジョンソンが節目の20勝目 ウッズ10位、松山英樹19位

◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 最終日(24日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7345yd(パー71)

4打リードの単独首位から出たダスティン・ジョンソンが6バーディ、1ボギーの「66」でプレーし、後続に5打差の通算21アンダーで今季初優勝を飾った。世界ゴルフ選手権シリーズ6勝目、節目のツアー通算20勝目とし、ルーキーイヤーの2008年からの連続優勝を12シーズンに伸ばした。

通算16アンダーの2位にロリー・マキロイ(北アイルランド)。通算11アンダーの3位にポール・ケーシーイアン・ポールター(ともにイングランド)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)の3人が続いた。

5年ぶりの出場となった大会7勝のタイガー・ウッズは「69」で回り、通算8アンダーの10位で今季初のトップ10フィニッシュとした。

16位から出た松山英樹は4バーディ、3ボギーの「70」でホールアウト。2年ぶりに出場のメキシコ大会を通算5アンダーの19位で終えた。

今平周吾は3バーディ、3ボギーの「71」で回り通算イーブンパーの39位。小平智は7バーディ、1ボギーの「64」と伸ばし、通算3オーバーの51位で4日間を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGCメキシコ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。