ニュース

米国男子BMW選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2015年 BMW選手権
期間:09/17〜09/20 コンウェイファームズGC(イリノイ州)

J.デイが5打差独走 松山英樹は猛チャージで19位へ

◇米国男子◇BMW選手権 2日目◇コンウェイファームズGC(イリノイ州)◇7352yd(パー71)

雷雲の影響で、第1ラウンドの残りと第2ラウンドを消化することになった大会2日目。1ホール残して初日を終えたジェイソン・デイ(オーストラリア)は、最終9番をパーとして第1ラウンドを10アンダー「61」。直後に行われた第2ラウンドでも、1イーグル、7バーディ、1ボギーの8アンダー「63」とスコアを伸ばし、通算18アンダーとした。2位に5打差をつけ、早くも一人旅の態勢を築き始めた。

最終18番(パー5)、下り12mのイーグルパットは、そのままカップへと吸い込まれた。両手でガッツポーズを作ったデイが記録した初日、2日目の合計124ストロークは、PGAツアーの前半36ホールの最少ストロークタイ記録となった。パー71のコースに限れば、これまで3人が記録した「125」(直近は2013年のウェイストマネジメントフェニックスでのフィル・ミケルソン)を更新する新記録となった。

通算13アンダーの2位に、ダニエル・バーガーブレンドン・トッドの2人。通算11アンダーの4位にケビン・ナジョーダン・スピースが続いた。

松山英樹も負けてはいない。第2ラウンドを1オーバー50位でスタートし、8バーディ、ノーボギーの「63」と、PGAツアーでの自己ベストタイ記録で通算7アンダーの19位へとジャンプアップ。残り2日でさらなる上位を目指す。なお、今週と次週は、予選カットは行われない。

関連リンク

2015年 BMW選手権




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~