ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 場所:パインハーストNo.2コース(ノースカロライナ州)

カイマー独走!松山は14位、谷口60位で決勝進出

◇海外メジャー◇全米オープン 2日目◇パインハーストNo.2(ノースカロライナ州)◇7,562ヤード(パー70)

今季海外メジャー第2戦「全米オープン」2日目、初日に5アンダーと飛び出したマーティン・カイマー(ドイツ)がこの日も5バーディ、ノーボギーの「65」とスコアを伸ばし、ただ1人別次元を行く通算10アンダーで単独首位。2位のブレンドン・トッドに6打差をつけて大会を折り返した。

2010年の「全米プロゴルフ選手権」を制し、かつては世界ランク1位にも立ったカイマー。今年4月には同63位まで順位を落としていたが、5月の「プレーヤーズ選手権」をドイツ人として初制覇するなど、再び上り調子で今大会を迎えている。

通算4アンダーの2位にはブレンダン・トッド。通算3アンダー3位に、ケビン・ナブラント・スネデカーが続いている。

首位と4打差の1アンダー、6位からスタートした松山英樹は、この日は2バーディ3ボギーの「71」と1つスコアを落として通算イーブンパーの14位へと一歩後退。それでも、上位争いで2大会連続の予選突破を決め、ムービングサタデーを迎える。

その他の日本勢では、通算5オーバーの谷口徹が60位でカットライン(60位タイまで)を潜り抜け、10年大会以来となる自身2度目の予選通過。一方で、通算20オーバー155位の矢野東と、通算22オーバー156位の宮里聖志の2人は、リーダーボードの最下位で2日間の戦いを終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!