ニュース

米国男子エアーカナダ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2001年 エアーカナダ選手権
期間:08/30〜09/02 場所:ノースビューG&CC(カナダ)

J.エドワーズが39歳でツアー初優勝を飾った

エアーカナダ選手権の最終日は、初日から首位を守り続けたJ.エドワーズがさらにスコアを伸ばしてツアー初優勝をあげた。13アンダーで2位に5打差で最終日を迎えたエドワーズは、39歳にして初めて優勝を目前にしたのだが、終始落ちていたプレー。というよりも守りに入らず攻め続けた。

スタートの1番ホールでバーディを奪い、4番では初日の1番ホール以来29ホールぶりのボギーを叩いた。しかし、7、8番でスコアを伸ばすと、後半には12番パー5から4連続バーディを奪った。16番でこの日2つ目のボギーを叩いたが、最終18番はセカンドをピン横1メートルにつけ、バーディフィニッシュ。

<< 下に続く >>

初日と同じ65というスコアで2位に7打差をつけるブッチギリ優勝となった。これまで、レギュラーツアーと2部ツアーを行き来してきたエドワーズにとって、316試合目での栄冠となった。

初日好スタートを見せた丸山茂樹は、3日目にスコアを落としたが、最終日は2つスコアを伸ばし6アンダー21位に入った。丸山には、この試合終了時点で賞金ランキング30位以内に入れば、11月に行われるアメックス選手権に出場できた。今週出場していないJ.パーネビックK.トリプレットらを抜き30位以内確定かと思われたが、ランキング34位のS.ローリーがこの試合で2位に入り、丸山の30位以内は厳しい状況となった。

また、3日目を終えて5アンダーの20位と丸山よりも上位につけていた横尾要は、この日2オーバーで通算3オーバーの43位と順位を落としてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 エアーカナダ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!