ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 場所:ロイヤルリザム&セントアンズ(イングランド)

首位争いは激しく入れ替わり、誰が飛びだすのか!?

21世紀最初の全英オープンは、稀に見る混戦状態となった。イーブンパーの35位からスタートしたD.デュバルが、順調にスコアを伸ばし6アンダーでフィニッシュ。この時点では最終組がティオフしておらず、デュバルのスコアは後続組に飲み込まれると思われた。

案の定、上位陣がスタートすると序盤のパー5でスコアを伸ばし8アンダーで数人が並んだ。スコアを伸ばしたのは、A.チェイカD.クラーク。そして、後半伸ばしてきたのがI.ウーズナムB.ランガーのベテラン2人。マスターズを制覇したベテラン2人が同じ組で回りバーディ合戦を繰り広げた。そして、初日から首位を守ってきたC.モンゴメリーも踏ん張り、序盤スコアを崩したJ.パーネビックも4連続バーディを奪い一気に首位に立った。

<< 下に続く >>

今回のロイヤルリザムはパー5でスコアを伸ばし、後はパーセーブするのが鉄則。その伸ばすべきパー5でまたしてもダブルイーグルが飛び出した。2日目の6番ではJ.マガートが、そしてこの日は11番ホールでG.オーエンがセカンドショットで直接カップイン。通称アルバトロスを達成した。

しかし、パー5でスコアを崩し、調子まで崩してしまうこともある。それはタイガー・ウッズのことだ。2アンダーからスタートしたウッズは1番のパー3で幸先のいいバーディを奪った。4番でもバーディを奪ったが5番ではティショットをラフに打ち込みボギーを叩いた。しかし、6番パー5ではイーグル逃しのバーディで再び4アンダー。いよいよ追撃体制かと思われた7番パー5ではラフから強引に放ったセカンドショットがコース右サイドの林へ。アンプレアブルで元の位置から打ち直したが、このホールをダブルボギーにしてしまった。その後は、ツキにも見放され、1アンダーの28位まで後退した。

順調にスコアを伸ばしていた上位陣はというと、14番を終了して9アンダーのチェイカが15番から3連続ボギーを叩くなど、軒並みスコアを落とした。そして全選手がホールアウトしたときには、首位は6アンダーとなっていた。したがって、4時間以上前にホールアウトしたデュバルが首位ということになった。ランガー、ウーズナム、チェイカといった欧州勢も首位に並んでいる。

そして1打差の5アンダーは8人、4アンダーには7人が並ぶ大混戦となった。1アンダーまで後退したウッズが息を吹き返してくる可能性もあるが、混戦の中から誰が抜け出してもおかしくない状況。念願のメジャー制覇に向けD.デュバルがこの日と同じように爆発するのか、最終日は最後まで見放せそうもない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!