ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権
期間:02/20〜02/24 場所:リッツカールトンGC(アリゾナ州)

マキロイ、タイガーが1回戦敗退 藤田寛之も逆転ならず

◇世界ゴルフ選手権◇WGCアクセンチュアマッチプレー選手権 2日目◇リッツカールトンGC(アリゾナ州)◇7791ヤード(パー72)

初日の降雪によるサスペンデッドの影響で、第1ラウンドの未消化ホールからスタートした2日目だったが、この日も降雪が続き8時30分に予定していたスタート時間が遅延。現地時間午後にティオフした。

注目のカードでは、世界ランク首位のロリー・マキロイ(北アイルランド)がシェーン・ローリー(アイルランド)と対戦。序盤にリードを先行したマキロイだったが、中盤のローリーの巻き返しで逆転を許し、2アップでローリーが金星を挙げた。

そしてタイガー・ウッズチャールズ・ハウエルIIIと対戦し2&1で、ハウエルIIIが勝利。「僕たちは2人とも良いプレーをした。ボギーを叩かなかったからね。ただ、僕よりも彼の方がバーディを獲ったということ」と終始決め手を欠いたタイガー。世界ランク1、2の強豪が1回戦で姿を消す波乱の幕開けとなっている。

なお、昨年は初戦で敗退したルーク・ドナルド(イングランド)はマルセル・シーム(ドイツ)と対戦。最終ホールでバーディを奪い、1アップで2回戦進出を決めている。

そのほか、昨年ベスト4フィニッシュのリー・ウェストウッド(イングランド)は、ラファエル・カブレラベロー(スペイン)と対戦。両者一進一退のオールスクエアで迎えた19ホール目、カブレラーベローがポイントを奪い、ウェストウッドも1回戦で姿を消した。

日本から出場している藤田寛之は1回戦をマット・クーチャーと対戦。3ダウンで迎えた15番ホールプレー中にサスペンデッドとなり初日を終了。2日目も15番、16番でクーチャーからポイントを奪えず、3&2で1回戦敗退となった。

昨年覇者のハンター・メイハンマッテオ・マナッセロ(イタリア)と対戦。4アップのリードで10番からスタートしたメイハンは、11番でマナッセロにポイントを許すが、12番、14番で再びポイントを重ねて5&4で2回戦進出を決めている。

リッキー・ファウラーカール・ペターソン(スウェーデン)は17番、ゴンサロ・フェルナンデス・カスタノ(スペイン)とフランチェスコ・モリナリ(イタリア)の対戦が15番を終えて日没サスペンデッドとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!