ニュース

米国男子アドヴィル・ウェスタンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ロバート・アレンビーが7ストローク伸ばして首位に浮上した

米国男子ツアー「アドヴィル・ウェスタンオープン」3日目。ゴルフトーナメントで度々用いられる言葉に”ムービングサタデー”という言葉がある。予選2日間はコースの状況に合せて、様子を見ながらラウンドし、決勝ラウンドに入り、最終日を前にスコアを伸ばしたい。そこで、大会3日目の土曜日にスコアが大きく動く場合がある。まさに、ムービングサタデーの様相を呈した。

最もスコアを伸ばしたのは、15番パー5で2日連続のイーグルを奪ったオーストラリアのロバート・アレンビーだった。それ以外には、6バーディ、1ボギーを叩いた。一気に7ストローク伸ばして15アンダー単独首位に浮上した。

<< 下に続く >>

アレンビーとは対象的だったのが、同じくオーストラリア出身で親友のステュワート・アップルビーだった。2日目に6ホール連続でバーディを奪い、9アンダー2位タイにつけていた。スタートの1番ホールでボギーを叩いたが、2番で取り返すと、11番まで終了して13アンダーまで伸ばした。

しかし、13番でダブルボギーを叩くと、続く14番でもボギー。その後は何とかパーセーブを繰り返したが、周囲が大きく伸ばしたので7位に後退してしまった。

この日スコアを伸ばしたのは、首位のアレンビーを中心に、8アンダー5位タイからスタートした選手ばかりだった。13アンダー2位につけているニール・ランカスターは、3番でダブルボギーを叩いたが、バーディを8つ奪うチャージを賭けている。

また、12アンダーにはボブ・エステスとジェリー・ケリーの2人。さらに、11アンダー5位にはデービス・ラブIIIと前日まで首位に立っていたジョン・クックが並んでいる。この4人は現在の賞金ランキングで30位以内に入っている安定感のある選手だ。これまで3日間の展開として、突然大きなスコアを出す選手が現れており、最終日も飛び出してくる選手がいるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 アドヴィル・ウェスタンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!