ニュース

米国男子ケンパーインシュアランス・オープンの最新ゴルフニュースをお届け

ツアー初優勝を狙うバーンズがトップ

米国男子ツアー「ケンパーインシュアランス・オープン」3日目。首位でスタートしたグレッグ・ノーマンは、この日2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーと3つスコアを落とし7アンダー9位タイまで順位を下げた。ノーマンはティショットが不安定で、前日まで86%を誇っていたフェアウェイキープ率がこの日は57%まで落ち、それがスコアに直結した。「今日は何もできなかった。6番パー5でダブルボギーを叩いてから気持ちが萎えた。今日は厄払いできたと思えばいい。明日は60台を目指す」

代わって首位に立ったのはツアー初優勝を目指すボブ・バーンズと、昨年2勝をあげたボブ・エステスの2人。両者ともに4バーディ、2ボギーと安定したゴルフで10アンダーまで伸ばした。過去3年、ツアー初優勝者を輩出しているトーナメントということで、バーンズにも十分チャンスはある。

<< 下に続く >>

他に初優勝のチャンスがあるのは、9アンダーのボブ・メイと、初日首位に立った8アンダーのフランクリン・ランガム。ボブ・メイは2000年全米プロ選手権でタイガー・ウッズと死闘を演じ一躍有名になったが、意外にも米国ツアーでの優勝はない。欧州ツアーであげた優勝経験を最終日に生かせるか。

不気味な存在なのがジャスティン・レナード。最近、安定したプレーで常に上位に顔を出しているだけに侮れない。しかし最終日にスコアを崩すケースが目立っている。その克服がカギになりそうだ。

日本の田中秀道は、3バーディ、4ボギー、3ダブルボギー、1トリプルボギーと最悪の出来でトータル7オーバー73位タイまで順位を下げた。フェアウェイキープ率、パーオン率ともに日を追うごとに悪くなる一方。明日の奮起に期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ケンパーインシュアランス・オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!