ニュース

米国男子グレーター グリーンズボロ クライスラークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2001年全米アマ優勝のババ・ディッカーソンがプロデビュー

米国男子ツアー「グレーター グリーンズボロ クライスラークラシック」が4月25日(木)から28日(日)まで、ノースカロライナ州のフォレストオークス カントリークラブで開催される。

昨年はベテランのスコット・ホークが4日間唯一60台をマークし、16アンダーで優勝。1997年以来4年ぶりでツアー通算10勝目となった。そして、7月にもウェスタンオープンで優勝し、見事に”ライダーカップ”メンバー選手の座を獲得したのだ。

しかし、ホークは視力回復の手術を受け、その後の回復が思わしくなく今大会は出場できるか微妙だという。

今週の注目はババ・ディッカーソンのプロデビューだ。昨年の全米アマチュア選手権で優勝したディッカーソンのプロに転向は注目されていたが、マスターズ後になることが判明。そして、今週がデビュー戦になるのだ。

初挑戦となったマスターズでは、タイガー・ウッズ、伊沢利光と予選ラウンドをまわった。連覇を狙うタイガー、英語を話せない伊沢に挟まれたディッカーソンは、黙々とプレーしたのだが、残念ながら予選落ちとなった。

全米アマ優勝者といえば、タイガーはもちろん、今シーズンツアー初優勝したマット・クーチャーも97年に制覇している。ディッカーソンが活躍するのも遠い先の話ではないだろう。

今週日本からは、田中秀道横尾要が出場する。田中は、同時に日本で行われるつるやオープンのディフェンディングチャンピオンだ。本来ならば出場する義務もあるのだが、今シーズンは米ツアーに専念するという田中にとっては、移動の時間などを考えると、1つでも試合をこなし、来シーズンのシード権に近づかなければならないのだ。

横尾もまた、2度目のシード権に向け、そろそろエンジンをかけたい。昨年のこの大会では、3日目にその日のベストスコア65を叩きだし5位に浮上、最終日は伸ばせず9位に終わった。今年は昨年を上回る成績を狙う。

関連リンク

2002年 グレーター グリーンズボロ クライスラークラシック




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~