ニュース

米国男子ベイヒルインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ベイヒルインビテーショナル
期間:03/14〜03/17 ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

8バーディを奪ったT.ウッズが12アンダーで単独首位に立った

米国男子ツアー「ベイヒル・インビテーショナル」の第2ラウンド、初日5アンダーをマークし首位タイのタイガー・ウッズが、8バーディ、1ボギーでラウンドし、2位に4打差をつけて単独首位に立った。

10番ホールをバーディでスタートしたウッズは、1ホールおきに4つのバーディを奪った。そして後半も4番パー5から3連続バーディを含む4バーディと一気にスコアを伸ばした。この日のウッズは4つあるパー5をすべてバーディを奪った。

昨年もこの大会から連勝街道に入りマスターズも制したが、今シーズンも同じような展開にもっていけるのか注目だ。

ウッズに4打差の8アンダー2位にはS.マッキャロンがスコアを5つ伸ばして11位から浮上してきた。今シーズン好調のマッキャロンだが、これまで2位が2回。いずれも優勝を逃した形だが、今週も2位で終わってしまうのだろうか。

さらに、1打差の7アンダーには現在絶好調のE.エルスが上がってきた。2週前にはウッズの追撃を振り切って優勝、そして先週は欧州ツアーで2位以下に大差をつけて優勝している。2週前とは逆の立場となり、今度はエルスがウッズを捕らえるかあと2日の展開が見ものだ。

今週の日本勢は丸山茂樹横尾要が出場、2人とも初日は好スコアをマークした。丸山はこの日もスコアを2つ伸ばし通算4アンダーで17位に順位を上げてきた。

一方、横尾は2バーディ、5ボギーにダブルボギーも飛び出した。初日の貯金を使いはたし1オーバーにしてしまった。55位で予選は通過した。

関連リンク

2002年 ベイヒルインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~