ニュース

米国男子ジェニュイティ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ジェニュイティ選手権
期間:02/28〜03/03 場所:ドラールリゾート&CC(フロリダ州)

E.エルスが11アンダーで単独首位、タイガーも崩れず4打差で追う

米国男子ツアーもシーズン9試合目になり舞台をフロリダ州に移した。この試合はT.ウッズが、急遽出場することになり、初日5アンダー6位と好スタートをきった。今シーズン過去3試合にいずれも2日目にスコアを崩していたウッズだが、この日はスコアを2つ伸ばし7アンダー3位に浮上してきた。

10番ホールからスタートしたウッズは11番でバーディを奪った。しかし、スコアを伸ばしたい12番パー5でボギーを叩き今ひとつ勢いに乗ることはできなかった。後半もボギーを叩いたが、2つあるパー5で確実にバーディを奪い2アンダーで2日目の鬼門を通過した。

<< 下に続く >>

首位に立ったのは6アンダー2位からスタートしたE.エルス。初日同様ボギーなしの完璧なゴルフでスコアを5つ伸ばした。昨年は未勝利に終わり、1994年から7年続けてきた年間1勝以上の記録は途切れた。1年半ぶりに優勝できるだろうか。

初日ウッズと並び6位に入っていた丸山茂樹は、初日と同じように1、2番で連続バーディを奪った。しかし、6、7番で連続ボギーを叩きこの日の貯金を使い果たしてしまった。結局スコアを伸ばせず5アンダーのまま、順位は14位まで下がってしまった。

初日7アンダーで単独首位に立った、現在賞金争いでトップを走るC.ディマルコが、初日の貯金7つを全て使い果たしてしまった。スタートの10番をバーディで発進したのだが、続く11、12で連続ボギー、後半はまるで別人のようなスコアになった。6、7番連続ボギー、8番パー5でダブルボギーを叩き、最終9番もボギーで70位まで急降下した。

この試合は横尾要田中秀道も出場しているのだが、2人ともスコアを伸ばすことができなかった。イーブンパー90位からスタートした横尾はバーディを2つ奪ったのだが、ダブルボギーを2つ叩いてしまった。

初日136位と大きく出遅れた田中は序盤3連続ボギーと苦しい立ち上がり。この日も5つスコアを落とし、横尾とともに予選落ちとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ジェニュイティ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!