ニュース

米国男子ジェニュイティ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ジェニュイティ選手権
期間:02/28〜03/03 場所:ドラールリゾート&CC(フロリダ州)

安定感抜群!C.ディマルコ単独首位。丸山、タイガーも好スタート

米国男子ツアーの「ジェニュイティ選手権」が、フロリダ州マイアミにあるドラールリゾートで開幕した。先週行われたWGCアクセンチュアマッチプレー選手権で1回戦負けを喫したT.ウッズが急遽エントリーし大会はにぎやかになった。

そして、欧州勢もE.エルスS.ガルシアらがいよいよ4月のマスターズをにらみ米国ツアーに参加してきた。本格的なシーズン到来といっていいだろう。

<< 下に続く >>

初日首位に立ったのは、現在賞金王のC.ディマルコ。出足1番から3連続バーディを奪ったディマルコは、中盤でも2度の連続バーディと16番でもこの日8つめのバーディ。17番でボギーをたたき7アンダーで単独首位になっている。フェニックスオープンで優勝し、それ以外にトップ10入りがすでに3回。今いちばん安定した選手がこのディマルコだ。

首位が7アンダーまで伸ばしているが、1打差の2位グループに5人が並ぶ混戦状態となっている。フィジーのV.シン、南アフリカのE.エルスが入っている。シンはアウトコース1番からスタートし、上がり4ホールを全てバーディであがり、エルスは10番からスタートし、上がり3連続バーディと明日につながる最高のフィニッシュだった。

そして、首位に2打差の6位グループには丸山茂樹T.ウッズが並んでいる。先週マッチプレーが行われていたが、同時開催の米国ツアー「ツーソンオープン」では、丸山が4日間安定したスコアをマークし、6位に入っている。好調を維持し、やはり後半スコアを伸ばしてきた。

今シーズンは優勝どころか4試合に出場しトップ10以内が1回というウッズ。トーナメントではこれまで3試合で、いづれも2日目にスコアを落としている。明日2日目さえ乗り切れば今シーズンの1勝目も見えてくるのではないか。

その他の日本勢は横尾要がイーブンパーの90位、田中秀道は4オーバー136位と大きく出遅れてしまった。また、田中と同じ組でまわったT.トライオンは1オーバーで110位。デビュー戦に続き2試合連続予選落ちのピンチになっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ジェニュイティ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!