ニュース

米国男子シェル・ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 シェル・ヒューストンオープン
期間:04/24〜04/27 場所:レッドストーンGC(フォールクリークコース)(サウスカロライナ州)

5年振りの優勝を狙う!!F.カプルスが9アンダー単独首位

2003/04/25 09:00

米国男子ツアー第16戦「シェル・ヒューストンオープン」が開幕した。昨年までは、同じテキサス州のウッドランドで開催されていたが、今年からヒューストンにあるレッドストーンGC(フォールクリークコース)に舞台を移している。

快晴に恵まれたラウンドに思えたが、午後になって天候は一変。雷雲が接近し中断に入った。再開後は日没ぎりぎりまでプレーが進行されたが、それでも、中断の影響で約半数の選手がホールアウトすることが出来なかった。

<< 下に続く >>

初日スコアを伸ばしたのは、ベテランのフレッド・カプルスだった。10番ホールからスタートしたカプルスは、前半を2アンダーで折り返すと後半は5バーディの30でラウンドをマーク。この日のカプルスは、3~5メートルのバーディパットをことごとく沈めた。

カプルスと1打差の6アンダーには、オーストラリアのスチュワート・アップルビーなど3人が並び、さらに1打差の5アンダー5位にはビジェイ・シン、ベテランのピーター・ジェイコブセンなど6人が並んでいる。ジェイコブセンは、開催コースとなるレッドストーンGCの設計に携わり、コースに関しては他の誰よりも詳しい人物だ。

今週日本からは、田中秀道久保谷健一貞方章男横尾要の4人が出場している。日本勢は全員午後からのスタートになり、貞方だけはホールアウトできたが、他の3人は1ラウンドの途中で初日のラウンドを終えた。

暫定ではあるが、最上位につけているのは17番ホールを終了して2アンダー41位の田中秀道。あと1ホールでホールアウトという状況だったが、暗闇迫るラウンドのため17番でこの日初めてのボギーを叩いてしまった。

ホールアウトした貞方と、9ホール終了した横尾要が、イーブンパーの91位で並び、10番ホールを終えた久保谷は2オーバー124位と出遅れた。しかし久保谷は、3連続ボギーでスタートし、7番ではダブルボギーを叩き5オーバーになったが、8番から3連続バーディを奪いスコアを戻してきたところで日没。この調子を明日も維持してもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 シェル・ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!