ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/06〜02/09 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ初日

米国男子ツアー第5戦「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」が開幕。ペブルビーチGL、ポピーヒルズGC、スパイグラスヒルGCの3コースで初日が行われ、ペブルビーチでプレーしたケビン・サザランドが6アンダーで単独首位に立った。

サザランドはペブルビーチをプレーし、7バーディ、1ボギーという内容。7,000ヤードを切る設定で「ロングヒッター有利」と言われる中、飛距離を落としフェアウェイキープを優先した戦略が奏功した。

<< 下に続く >>

2位にはマイク・ウイアとロバート・ガメス。ウイアはスパイグラスヒルで5バーディ、ノーボギーをマーク。先週優勝の勢いが続いているようだ。

日本勢は、ペブルビーチGLアウトコースからスタートした貞方章男がイーブンパーの48位タイと、まずまずの出だしを切った。1番ホールでダブルボギーを叩き出鼻をくじかれたが、その直後にバーディを決めるなど波にのり一時は3アンダーまでスコアを伸ばした。しかし終盤にショットが乱れ3つボギーを叩いた。パットの調子がよく、パーオンしたホールではことごとくバーディを決める勝負強さがある。明日以降はショットの正確性がカギとなるだろう。

同じくペブルビーチでプレーした久保谷健一は5オーバー140位タイと苦しい立ち上がりとなった。前半は8連続パーと無難にスタートしたが、パットが決まらず後半にボギーが続き、2バーディ、7ボギーと調子を崩した。またポピーヒルズのアウトコースからスタートした横尾要だが、ショット、パットとも精彩欠き10オーバー176位タイと出遅れた。

この試合は、3日間3コースの合計スコアで予選カットが行われ、最終日はペブルビーチGLで決勝ラウンドを行う。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!