ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ザ・ホンダクラシック
期間:03/01〜03/04 PGAナショナルGC(フロリダ州)

R.マキロイが今季初勝利&世界ランクトップに!タイガーは猛追で2位タイ

◇米国男子◇ザ・ホンダクラシック最終日◇PGAナショナルGC(フロリダ州)◇7,158ヤード(パー70)

通算11アンダー単独首位でスタートしたロリー・マキロイ(北アイルランド)が、スコアを1つ伸ばし通算12アンダーで今季初勝利を飾った。快調に飛ばした3日目までとは異なり、2バーディ、1ボギーの「69」と静かなゴルフとなったが、4日間を通して冴え続けたショートゲームを武器に耐えしのぎ、2位に2打差をつけて逃げ切った。

今週は世界ランキング1位のルーク・ドナルド(イングランド)が、試合に出場していないため、今回の優勝ポイントを加算した結果、同2位につけていたマキロイが1位の座に上り詰めることが確定。1986年に同ランキングがスタートしてから史上16人目の世界ナンバーワンプレーヤーとなり、22歳10か月でのトップ到達は、タイガー・ウッズの21歳5か月に次ぐ、史上2番目の年少記録となった。

「世界一の選手になること、そう呼ばれることがずっと僕の夢だった。でもこんなに早くなんて…。少しでも長く、このポジションにいられたらいい」。ラウンド直後、父のゲーリーさんと抱き合い、喜びをかみしめた。

そしてこの最終日、マキロイを脅かす勢いでスコアを伸ばしたのは、そのウッズだった。「タフな一日だった。タイガーがチャージをかけてきていたから」(マキロイ)。通算2アンダー18位タイで迎えた最終日、3番パー5で12メートルのパットを沈めてイーグルを決めると、17番までに4つのバーディも奪い、順位を急浮上させた。そして最終18番パー5、左セミラフからの2打目を5番アイアンでピン右手前2.5mにつけて再びイーグルを奪取。大歓声を浴びながら、力強いガッツポーズで“タイガーチャージ”を締めくくった。

最終ラウンドにおけるツアー自己ベストの「62」を叩き出し、通算10アンダーの2位タイ。「良い一日だった。ショットにほとんどミスが無かった。すごく風が強かったけれど、素晴らしいプレーができたオーストラリア(昨年のザ・プレジデンツカップ)と同じようなコンディションだと自分に言い聞かせた。今日、同じことができないわけがないってね」。復活への手応えをまたひとつ掴みながら、マキロイに「ナンバーワンになったのは、彼が良いプレーを続けてきたことの証だ」と賛辞を送った。

タイガーと同じく2位タイにはマキロイと最終組でラウンドしたトム・ギリス。その他上位では、世界ランキング3位のリー・ウェストウッド(イングランド)が、7ストローク伸ばして通算8アンダー単独4位に浮上。通算7アンダーのジャスティン・ローズ(イングランド)とチャール・シュワルツェル(南アフリカ)が5位タイとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。