ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 WGCブリヂストンインビテーショナル
期間:08/06〜08/09 場所:ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

P.ハリントンが単独首位!タイガーは8位タイ!日本勢は下位に沈む

WGC(世界ゴルフ選手権)の第3戦「WGCブリヂストンインビテーショナル」が、オハイオ州のファイヤーストーンCCで開幕。6アンダーでパドレイグ・ハリントン(アイルランド)が単独首位。タイガー・ウッズは2アンダー、8位タイにつけている。

世界中のトッププレーヤーが集う今大会。中でも注目は2年ぶりの出場となるタイガー。序盤の2番からバーディを決める好スタートを切ったが、8番ではボギー。イーブンで迎えた後半は12番から連続バーディをマークし、2アンダーでホールアウト。セルヒオ・ガルシア(スペイン)、ハンター・メイハンらと並び、8位タイとまずまずのポジションで初日を終えている。昨年は膝の故障で4連覇を前に無念の欠場。それだけに今年にかける意気込みはかなりのものがあるはずだ。タイガーの動向から目が離せない。

首位に立っているのはハリントン。インの前半はスタートホールからバーディを決めるなどして2アンダーで折り返し。アウトの後半もスタートから連続バーディをマーク。終盤にも連続バーディを決め、ノーボギーの6アンダーでフィニッシュ。昨年の「全英オープン」、「全米プロゴルフ選手権」を制した男子ゴルフ界きっての実力者が、単独首位でスタートを切った。

首位と2打差の4アンダー、2位タイには、プラヤド・マークセン(タイ)、ティム・クラーク(南アフリカ)、スコット・バープランクの3人。ノーボギーでラウンドしたバープランクに対し、クラークは2ボギー、マークセンは3ボギーと、波を乗り越えてのスコア。安定感がカギを握ることになりそうだ。

続く3アンダー、5位タイには、スティーブ・ストリッカーザック・ジョンソンイアン・ポールター(イングランド)の3人。日本から出場している片山晋呉は2バーディ6ボギー、五十嵐雄二はバーディなしの4ボギーと苦戦。4オーバー、66位タイで初日を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。