ニュース

米国男子ビュイック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ビュイック選手権
期間:08/26〜08/29 場所:TPC at リバーハイランズ(コネチカット州)

田中秀道6位浮上!!首位ファンクに3打差!

コネチカット州クロムウェルにあるTPC at リバーハイランズで行われている、米国男子ツアー第34戦「ビュイック選手権」の3日目。ツアーは初優勝を狙う日本の田中秀道が通算6アンダーで6位に浮上した。

3アンダー17位からスタートした田中は、前半3バーディを奪い12番でもスコアを伸ばし優勝争いに加わるかと思われたが、16番パー3でボギーを叩き6アンダーフィニッシュ。最終日に3打差を逆転できるか、田中の踏ん張りに期待したい。

<< 下に続く >>

首位はベテランのフレッド・ファンク。予選2日間、4ストロークずつスコアを伸ばし首位に立ったファンクは、この日1ストロークしか伸ばせなかったが、通算9アンダーで単独首位に立った。1998年以来6年ぶりのツアー6勝目まであと一歩となった。

ファンクを1打差で追うのは、トム・バイラムと初日首位に立っていたコーリー・ペイビンの2人。さらに1打差には、新鋭のハンター・メイハンとベテランのジョイ・シンデラー。その1打差に田中など9人が並んでいる。2日目首位に並んだザック・ジョンソンはスコア3つ落とし15位に後退。今大会は1つ間違えるとスコアを崩す可能性も高い。最終日もどんなドラマが生まれるか分からない。

そして、6月の「メモリアルトーナメント」以来の予選突破を果たした宮瀬博文は、スコアを3つ落とし通算3オーバー。57位から72位に後退してしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ビュイック選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!