ニュース

米国男子84 ランバークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 84 ランバークラシック
期間:09/15〜09/18 ネマコリンウッドラウンズリゾート&スパ(ペンシルバニア州)

M.オメーラら4人が首位!丸山24位、田中37位、今田73位

米国男子ツアー第38戦「84 ランバークラシック」がペンシルバニア州、ネマコリンウッドラウンズリゾート&スパで開幕。初日、7アンダーで首位に並んだのが、マーク・オメーラチャーリー・ウィ(韓国)、ジェイソン・ゴアショーン・ミキールの4人。これに1打差の6アンダーで、カール・ペターソン(スウェーデン)が続いている。

この日、トップに立った4人の中でも注目したいのがベテランのオメーラ。出だしの1番こそボギーを叩いたものの、その後は5番から7番にかけて3連続バーディ、さらに後半に入ってからも10番、11番で連続バーディを奪うなど、8バーディ、1ボギーという素晴らしい内容でホールアウト。勝利へ向けて、最高の滑り出しとなった。もちろん、ウィ、ゴア、ミキールの3人も、それぞれの持ち味を生かしたプレーを展開しており侮れない存在なのは間違いない。

そのほかの注目選手では、若手期待のライアン・ムーアが4アンダーの10位タイ、またクレイグスタドラーの息子、ケビン・スタドラーも3アンダーの16位タイと、まずまずのポジションにつけた。ところが、ディフェンディングチャンピオンのビジェイ・シン(フィジー)は、イーブンパーの50位タイ、強豪のフィル・ミケルソンも1オーバーの73位タイと大きく出遅れている。

最後に日本勢では、昨年この大会を20位タイでフィニッシュしている丸山茂樹が、2アンダー24位タイの好スタートを見せた。また、田中秀道も1アンダー37位タイと上位を狙える位置。しかし、今田竜二は1オーバーの73位タイと下位に沈んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 84 ランバークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。