ニュース

米国男子ビュイックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ビュイックオープン
期間:07/28〜07/31 ウォーウィックヒルズG&CC(ミシガン州)

タイガー「61」の猛チャージ!ビジェイが首位奪取

ミシガン州、ウォーウィックヒルズG&CCで行われている、米国男子ツアー第31戦「ビュイックオープン」2日日。11アンダーという怒濤のバーディラッシュで、通算12アンダーの単独2位に浮上して来たのがタイガー・ウッズ。そして通算13アンダーとし、1打差をつけて首位を守ったのがビジェイ・シン(フィジー)。この日は、世界ランク1位と2位が、その力を存分に見せつけた。

主役の座は、この男をおいてほかにいない。68位タイから単独2位へ、まさに爆発という言葉がピッタリくる「タイガーチャージ」だった。始まりは3番でのバーディ。これでペースを掴むと、5番から何と5連続バーディ。さらに13番、14番では連続イーグルを決めるなど、その勢いは誰にも止められなかった。明日からの決勝ラウンド、タイガーが、どこまでスコアを伸ばして来るのか非常に楽しみだ。

そして、もう1人忘れてはならないプレーヤーがいる。初日7アンダーの2位タイにつけ、この日も7バーディ1ボギーとクレバーなプレーで6つスコアを伸ばし、首位に踊り出たビジェイだ。2日目はタイガーが凄すぎて、やや陰に隠れた感があるが、その安定感は抜群。2人のトップ争いは熾烈を極めるに違いない。

以下、単独3位には通算11アンダーでクレイグ・バーローがつけ、通算10アンダーの4位タイグループには、ジェイソン・ボーンら6人がひしめく展開。この中から誰が抜け出してくるのかにも注目だ。

最後に日本勢だが、田中秀道は前日に続き、この日も3つスコアを伸ばしたものの、通算6アンダーでポジションは30位タイ止まり。明日以降は、持ち前の勢いのあるゴルフで、さらにバーディを積み重ねて欲しいところだ。また、谷原秀人は1オーバーの130位タイで予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ビュイックオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。