ニュース

米国男子クエイルホロー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2010年 クエイルホロー選手権
期間:04/29〜05/02 クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

R.マキロイが大逆転勝利! 今田は29位タイで終える

ノースカロライナ州のクエイルホロークラブで開催されている米国PGAツアーの第17戦「クエイルホロー選手権」の最終日。通算15アンダーで、ロリー・マキロイ(北アイルランド)が米国ツアー初優勝を手にしている。

20歳ながら、欧州ツアーではすでにタイトルを手にし、屈指の強豪に数えられているマキロイ。7位タイで最終日をスタートすると、中盤から猛チャージを開始。4番でバーディを決めた後、7番からは3連続バーディ。そして14番からもイーグルを挟んでバーディを連取し、スコアを伸ばす。単独首位で迎えた最終ホールもバーディで締めくくり、ベストスコア「62」をマーク。2位のフィル・ミケルソンに4打差をつける通算15アンダーで、米国ツアー初勝利を飾った。2日後に控えた21歳の誕生日を、自らのプレーで祝って見せた。

2位タイで最終日を迎えたミケルソン。逆転優勝を目指してスタートを切ったが、前半は7番のバーディのみ。後半に入り、攻めのゴルフに転じたが、5バーディ2ボギーと大きくスコアを伸ばす事が出来ず、通算11アンダー、単独2位でフィニッシュ。マキロイの独走を許してしまった。

通算10アンダー、単独3位にはアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)。続く通算9アンダー、単独4位にはブレンドン・デヨング(ジンバブエ)。以下、ボー・バンぺルト、リッキー・ファウラーが続いた。なお、今田竜二は4バーディ1ボギーでラウンドし、通算1アンダー。大きく順位を上げて29位タイで大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 クエイルホロー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。