ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全英オープン
期間:07/20〜07/23 ロイヤルリバプールGC(イギリス)

タイガーが涙のメジャー11勝目を達成!谷原秀人は5位タイと大健闘!!

イングランド・ロイヤルリバプールGCで行なわれている今季メジャー第3戦「全英オープン」最終日。単独首位からスタートしたタイガー・ウッズが通算18アンダーまでスコアを伸ばし、メジャー通算11勝目を飾った。

4番までパーセーブを続けたタイガーは、5番パー5でイーグルを奪取し、前半2つスコアを伸ばして折り返す。後半に入り10番でバーディを奪うと、12番でこの日唯一のボギーを叩いたが、14番から怒涛の3連続バーディを決める。迫ってくるクリス・ディマルコアーニー・エルス(南アフリカ)らを突き放し、スコアを5つ伸ばして通算18アンダーとし、涙の優勝を遂げた。

単独2位には、この日4つスコアを伸ばし通算16アンダーとしたディマルコが入り、エルスが通算13アンダーで単独3位に続いた。

7位タイからスタートした注目の日本人・谷原秀人は、前半苦しい展開が続いたものの、後半しっかりと巻き返し、この日1アンダーでフィニッシュした。通算11アンダーまでスコアを伸ばし、最終組を周ったセルヒオ・ガルシア(スペイン)と並ぶ5位タイに食い込む大健闘。今後の活躍に期待が集まる。

決勝ラウンドに駒を進めたもう一人の日本人・深堀圭一郎は、スコアを伸ばせず通算1オーバーの56位タイと順位を落とした。その他、ジム・フューリックは通算12アンダーの単独4位。フィル・ミケルソンは通算5アンダーの22位タイだった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。