ニュース

ワンアジアSK テレコムオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 SK テレコムオープン
期間:05/15〜05/18 場所:スカイ72オーシャンC(韓国)

今週も舞台は韓国 松村道央が出場

2014/05/13 10:30

ワンアジアツアーの今季第4戦「SK テレコムオープン」が、5月15日(木)から18日(日)までの4日間、韓国のスカイ72オーシャンCで開催される。先週に続き今週も韓国が舞台となる。

昨年は最終日が濃霧によりキャンセル。大会3日目に通算13アンダーの単独首位に浮上したマシュー・グリフィン(オーストラリア)が、そのまま優勝を飾った。1打差の通算12アンダーから逆転を狙った地元韓国のカン・ウクスンはプレーできず2位に終わった。

今年も多くの韓国勢が出場を果たす。先週に続き日本ツアーがオープンウィークということもあり、キム・ヒョンソンS.K.ホチェ・ホソンキム・ドフンらシード選手が出場。さらに、米ツアーを主戦場とする韓国ゴルフ界の先駆者チェ・キョンジュも出場を予定している。

先週の「GS カルテックス メキュンオープン選手権」で優勝を果たしたパク・ジュンウォン、2位となったパク・サンヒュン、さらに4位に入ったハン・ジュンゴンらは好調を維持し今週も上位進出を狙う。

そして日本からは松村道央がエントリーしている。松村は開幕戦となった日本ツアーとワンアジアとの共同主管試合「インドネシアPGA選手権」を制し、アジアでの知名度はうなぎ登りだ。

【主な出場予定選手】
M. グリフィン、カン・ウクスン、キム・ヒョンソンS.K.ホチェ・ホソンキム・ドフンJ.チョイチェ・キョンジュ、パク・ジュンウォン、パク・サンヒュン、イ・キサン、ハン・ジュンゴン松村道央

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 SK テレコムオープン




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。